現在地: 機能マニュアル > メニュー > 表示メニュー

表示メニュー

展開表示した表示メニュー

【このメニューを表示するには】

〔表示〕メニューはFinaleの常設メニューです。どのツールを選択しても表示されています。

【機能について】

このメニューには、Finaleの3種類の表示モードをはじめ、楽譜の表示に関連するコマンドが含まれています。このメニューのコマンドを使用しても楽譜自体は変更されません。画面上での表示方法を変更するだけです。

  • スクロール表示 このコマンドを選択するとスクロール表示に切り替わり、楽譜が単一の長い組段として表示されます。楽譜を入力するときは、スクロール表示を使うと便利です。
  • ページ表示 このコマンドを選択するとページ表示に切り替わり、印刷結果と同じように表示されます。例えば、楽譜はページ上に組段ごとにレイアウトされ、(スクロール表示では表示されない)ページ付随のテキストブロックやグラフィックも小節付随のものと同様に表示され、各組段は含まれる小節の数や左右の余白に合わせて自動的に小節の幅が調整されます。
  • 表示方法 〔表示方法〕サブメニューを使って、ページ表示時のページの外観をカスタマイズします。表示方法サブメニューをご参照ください。
  • スタジオ表示 このコマンドを選択するとスタジオ表示に切り替わります。スタジオ表示は、(スクロール表示と同様に)単一の長い組段の形で楽譜を表示しますが、ミキサー画面と同じ機能をいくつか使用することにより、再生音を確認するのに最適な表示、演奏、リアルタイムコントロールができるように設計されています。
  • 表示サイズ このサブメニューを使って、画面上の楽譜の表示サイズを実寸サイズに対するパーセント値で指定します。表示サイズサブメニューをご参照ください。
  • 付箋 このサブメニューを使って、特定ページの特定位置や、マークされた小節に素早くアクセスするためのマーカーを管理します。付箋サブメニューをご参照ください。
  • 譜表セットを選択 このサブメニューを使って、現在編集中でない五線を隠すスクロール表示用テンプレートを管理します。譜表セットを選択サブメニューをご参照ください。
  • 小節を指定 このコマンドを選択すると〔小節を指定〕ダイアログボックスが開き、小節番号を指定して移動できます。
  • レイヤーの選択 このサブメニューを使って、編集するレイヤーを選択します。レイヤーの選択サブメニューをご参照ください。
  • 描き直し このコマンドを選択すると、強制的に画面の再描画が実行されます。楽譜の一部分が欠けるなど、表示に異常がある場合にはこのコマンドを使用することによってたいていの問題が解決されます。通常は、大部分の操作の後で自動的に画面の再描画がおこなわれるので、このコマンドを使用することはほとんどありません。
  • グリッド/ガイド ページ表示時にこのサブメニューを使用して、グリッドとガイドの設定をします。グリッド/ガイドサブメニューをご参照ください。
  • 音域外の音符 各楽器の音域外の音符を表示するための奏者レベルを選択します。オレンジ色で表示される音符は単なる表示用であり、印刷には影響しません。音域外の音符サブメニューをご参照ください。
  • 表示する項目 印刷されない情報やFinaleインターフェース要素の表示/非表示を選択します。表示する項目サブメニューをご参照ください。
  • カラー表示の選択 このコマンドを選択すると〔環境設定-カラー表示〕ダイアログボックスが開き、レイヤー、アーティキュレーション等の楽譜要素、テキストブロック、変形図形に様々な色を割り当てることができます。様々な楽譜要素をレイヤー別、作成ツール別に識別するのに便利です。〔印刷〕ダイアログボックスで特に指定しない限り、カラー表示は画面表示でのみ有効です。

関連トピック:

キーボード・ショートカット

グリッドとガイドの使い方

音域

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標