現在地: 機能マニュアル > メニュー > ウィンドウメニュー

ウィンドウメニュー

展開表示したウィンドウメニュー

【このメニューを表示するには】

〔ウィンドウ〕メニューはFinaleの常設メニューです。どのツールを選択しても表示されています。

【機能について】

〔ウィンドウ〕メニューでは、複数ウィンドウを開いたり特定のウィンドウを前面に配置(アクティブに)する操作をおこないます。また、〔ウィンドウ〕メニューの〔並べて表示〕や〔重ねて表示〕コマンドを使用すると、複数のウィンドウを開いている場合に、ウィンドウが自動的に整理して配置されます。

  • スコア・マネージャー このコマンドを選択すると〔スコア・マネージャー〕ウィンドウが開き、楽譜で使われている楽器の大部分の属性を設定できます。
  • ミキサー このコマンドを選択するとミキサーが開き、マスターコントローラーとパート・コントローラーを使ってプレイバック出力をリアルタイムで調節できます。
  • プレイバック・コントローラー このコマンドを選択すると、作成したファイルの演奏をコントロールするプレイバック・コントローラーが表示されます。
  • メイン・ツール・パレット このコマンドを選択すると、Finaleの主要ツールを収めたメイン・ツール・パレットが表示されます。メイン・ツール・パレットは、つねに他のすべてのウィンドウよりも前面に表示されます。

    初期状態では、メイン・ツール・パレットは画面上部に固定されています。このパレットを縦長に固定したり、フローティングパレットにすることもできます。固定されたパレットの端をクリックして画面中央にドラッグすると、フローティングパレットに変わります。パレットをドラッグする間、パレットの形を位置を示すアウトラインが表示されます。

  • 上級者用ツール・パレット このコマンドを選択すると上級者用ツール・パレットが表示されます。このパレットには、〔道具箱ツール〕ツール、〔音符移動〕ツール、〔グラフィック〕ツール、〔MIDI〕ツール、〔オシア〕ツールが含まれています。
  • ナビゲーション・ツール・パレット このコマンドを選択するとナビゲーション・ツール・パレットが表示されます。このパレットには〔手のひら〕ツールと〔虫めがね〕ツールが含まれています。
  • ステップ入力パレット このコマンドを選択するとステップ入力パレットが表示されます。〔環境設定-パレットと背景〕ダイアログボックスの設定によっては、このパレットを表示するには〔ステップ入力〕ツールをクリックする必要があります。
  • ステップ入力休符パレット このコマンドを選択するとステップ入力休符パレットが表示されます。〔環境設定-パレットと背景〕ダイアログボックスの設定によっては、このパレットを表示するには〔ステップ入力〕ツールをクリックする必要があります。
  • 変形図形パレット このコマンドを選択すると変形図形パレットが表示されます。〔環境設定-パレットと背景〕ダイアログボックスの設定によっては、このパレットを表示するには〔変形図形〕ツールをクリックする必要があります。
  • 道具箱ツール・パレット このコマンドを選択すると道具箱ツール・パレットが表示されます。〔環境設定-パレットと背景〕ダイアログボックスの設定によっては、このパレットを表示するには〔道具箱〕ツールをクリックする必要があります。
  • ファイル・パレット このコマンドを選択するとファイル・パレットが表示されます。
  • 編集パレット このコマンドを選択すると編集パレットが表示されます。
  • 表示パレット このコマンドを選択すると表示パレットが表示されます。
  • レイアウト・パレット このコマンドを選択するとレイアウト・パレットが表示されます。
  • カスタマイズ・パレット このサブメニューを使って、各種パレット上の個々のツールボタンの外観と位置を変更します。カスタマイズ・パレットサブメニューをご参照ください。
  • メッセージ・バー このコマンドを選択している場合、Finaleアプリケーションウィンドウにある横長のメッセージ・バーに、クリックして選択したツールの使い方を説明したヘルプメッセージが表示されます。
  • ウィンドウの整列 このコマンドを選択すると、最小化されたウィンドウがアプリケーションウィンドウの下部に整列します。
  • 重ねて表示 開いている複数のウィンドウを、左上から右下方向に広げたトランプのカードのように少しずつずらして表示します。タイトルバーが重ならないように並べられるので、見えている部分をクリックするだけで別のウィンドウへ簡単に移動することができます。右下のウィンドウがアクティブウィンドウです。
  • 左右に並べて表示・上下に並べて表示 開いている複数のウィンドウを、同一サイズのウィンドウにして左右または上下に並べて表示します。タイトルバーがハイライト表示されているウィンドウがアクティブウィンドウです。
  • 新しいウィンドウを開く このコマンドを選択すると、作業中のファイルのアクティブウィンドウを複製し、オリジナルのウィンドウとは独立してスクロール、拡大、表示変更ができます。同一ファイルを表す複数のウィンドウは、〔ウィンドウ〕メニューの一番下に序曲:1、序曲:2、というように「ファイル名:番号」の書式で表示されます。

    重複ウィンドウのいずれかの楽譜を編集すると、他のウィンドウも瞬時に同じように編集されます。スコア譜が複数のリンクしたパート譜を有する場合、この機能を使用すると便利です。スコア譜ウィンドウとパート譜ウィンドウを上下に並べて表示すると、奏法の編集状況を確認できます。

  • ウィンドウを閉じる このコマンドを選択すると、現在のアクティブウィンドウが閉じます。ファイルが未保存の場合には、ウィンドウを閉じる前に保存するかどうかを確認するダイアログボックスが表示されます。
  • [ファイル名のリスト] メニューの下部には、現在開いているファイルのウィンドウ名が一覧表示されます。チェックマークが付いているウィンドウがアクティブウィンドウです。別のウィンドウ名を選択すると、そのウィンドウがアクティブになります。

関連トピック:

パレット

ツール

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標