符頭の形

Finaleでは、符頭として、×、菱形、四角、丸、スラッシュなどを含むいかなる形を使用することもできます(見えない符頭を作成することもできます)。音価、五線での位置またはその両方に基づいて、符頭を特定の形として全体的に定義することができます。また、個別の符頭を任意のキャラクタに変更することも可能です。

符頭の形を変更するには

  1. 道具箱ツールiconを選択して、該当する小節をクリックします。
  2. 〔符頭変更〕ツールを選択します。それぞれの符頭に対してハンドルが表示されます。
  3. 変更したい符頭のハンドルをダブルクリックします。〔キャラクタの選択〕ダイアログボックスが表示され、記譜用フォントのすべてのキャラクタが表示されます。
  4. 置き換えたい符頭のキャラクタをダブルクリックします。

    符頭を元の形に戻すには、そのハンドルをクリックしてDeleteキーを押してください。

変更された符頭を他の小節にコピーするには

大量の音符の符頭を特殊な符頭に変えたいが、特定の音程や長さの音符がすべて変わってしまっては困る、という場合には、手動で変更した符頭の情報だけを他の箇所へコピー&ペーストすることができます。

  1. 最初の小節または複数の小節で符頭のキャラクタを手動で変更します。
  2. 選択ツールiconを選択して、変更された小節をクリックします。選択方法については楽譜の選択をご参照ください。
  3. 〔編集〕メニューから〔ペースト対象項目の選択〕を選択します。〔ペースト対象項目〕ダイアログボックスが開き、個別にコピーできる項目の一覧が表示されます。
  4. 〔変更された符頭、臨時記号、およびタブ譜の弦変更〕を選択します。〔OK〕をクリックします。
  5. 選択した範囲の先頭の小節をドラッグし、目的の箇所の先頭の小節に重ねます。目的の小節が画面上で見えない場合、見えるまでスクロールし、その箇所をCOMMAND+Alt+クリックして、〔連続ペースト〕ダイアログボックスを表示します。
  6. コピーしたい回数を指定して〔OK〕をクリックします。〔OK〕をクリックします(またはRETURNを押します)。

    変更した符頭を元の形に戻すには、〔編集〕メニューから〔選択した項目のみ消去〕を選択して、〔すべてを解除〕をクリックしてから、〔変更された符頭、臨時記号、およびタブ譜の弦変更〕をクリックします。〔OK〕をクリックします(またはRETURNを押します)。

指定されたすべての音価と音程の符頭の形を変更するには

この方法は音符の形によって音程を表している場合や、ドラム・パートの特定の線上の音符を、他の線上の音符(タムタムやバスドラム)には通常の符頭を使いながら、×形の符頭(シンバルやハイハットなど)に変更したい場合などに有効です。スケール上のそれぞれの音程に違った符頭を付けることも可能です。

  1. テンポ・ツールiconを選択して、該当する五線をダブルクリックします。〔五線の属性〕ダイアログボックスが表示されます。
  2. 〔独立した設定〕の下の、〔符頭フォント〕を選択して、〔選択〕をクリックします。〔フォント〕ダイアログボックスが表示されます。
  3. 使用したい符頭のフォントとサイズを選択して〔OK〕をクリックします。

    特殊な符頭やパーカッション用の符頭には、Kousaku PercussionやJazzPercなどのフォントをご利用ください。

  4. 〔特殊な符頭〕を選択して、〔設定〕をクリックします。〔特殊な符頭〕ダイアログボックスが表示されます。
  5. 〔音価の選択〕ポップアップ メニューから、変更したい符頭を選択します。

    Finaleにおける符頭の4つの基本形は、4分音符の符頭(8分、16分またはそれより短い音符に使用)、2分音符の符頭、全音符の符頭、それと倍全音符の符頭になります。スケール中のそれぞれの音符について、(×や菱形などの)変更された符頭をそれぞれ4つの基本形について指定することができます。例えば、スケール中の3番目の音程に表れるすべての2分音符を×の符頭として表示されるように指定できます。符頭とその音程との関係については、特殊な音符の楽譜をご参照ください。

  6. 〔音程の選択〕テキストボックスに、選択した符頭の修正度数を入力するか、目的の度数が表示されるまで上下の矢印をクリックします。
  7. 〔選択〕をクリックします。〔キャラクタの選択〕ダイアログボックスが開き、上記ステップ3以降の記譜用フォントのすべてのキャラクタが表示されます。
  8. 符頭の形として使用したいキャラクタをダブルクリックします。
  9. 各符頭タイプと変更度数についてステップ5~8を繰り返します。
  10. 〔OK〕を2回クリックして楽譜上に戻ります。

    今後同じ設定で別の楽譜を作成する予定がある場合は、このファイルをテンプレートとして(音符が無い空白のファイルとして)保存しておけば、特殊な音符の形を作成する度にこの工程を繰り返す必要がなくなります。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標