発想記号の割り付け変更ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 選択ツールiconを選択して、小節範囲を選択します。
  2. 〔ユーティリティ〕メニューの〔変更〕から〔発想記号〕を選択します。

【機能について】

このコマンドを使用すると、発想記号を別なものに置き換えたり、選択した発想記号の位置を一度に変更したり、選択範囲内のすべての発想記号の手動調整情報をクリアすることができます。

  • すべての発想記号の位置を調整 このオプションを選択すると、選択範囲内のすべての発想記号を位置変更の対象にします。どのように位置調整するかは、ダイアログボックス下部のドロップダウン メニュー(後述)で選択できます。このオプションでは、単にどの記号を移動させるかだけを指定します。
  • 選択した発想記号の位置を調整・選択 特定の記号のみを選択範囲全体に渡って位置調整したい場合は、テキストボックスに該当する記号のID番号を入力します(ID番号は〔発想記号の選択〕ダイアログボックスのリストで、それぞれの記号に左上から順番にふられています。)あるいは〔選択〕ボタンをクリックすると、〔発想記号の選択〕ダイアログボックスが表示され、そのファイルに定義されている文字発想記号と図形発想記号のすべてが表示されますので、リストから位置調整したいものをダブルクリックして選択することもできます。この場合もダイアログボックス下部のドロップダウン メニュー(後述)で位置をどのように変更するかを指定します。この場合もダイアログボックス下部のドロップダウンリストポップアップメニューで発想記号の移動方法を選択します。
  • すべての(または選択した)発想記号を置き換える・選択 すべての(あるいは選択した)発想記号の位置を変更する代わりに、それらを別の発想記号に変更したい場合は、このボックスにチェックを入れてください。例えば、すべての記号を、記号と入れ替えることができます。置き換えたい記号のID番号をテキストボックスに入力するか、〔選択〕ボタンをクリックして〔発想記号の選択〕ダイアログボックスから選択してください。もちろん、〔横〕〔縦〕のボックスに数値を指定して、置き換えと同時に位置を調整することも可能です。
  • 初期設定の位置へ加算する・現在の位置へ加算する 発想記号の位置を調整する場合は、どのように実行するかをこのドロップダウン メニューから選択してください。
    • 〔初期設定の位置へ加算する〕を選択した場合は、音符の符頭の中心(和音の場合は最高音の符頭)を基準にして、さらに〔横〕〔縦〕のテキストボックス(下記参照)で指定された数値を加えた分だけ、記号が移動します。
    • 〔現在の位置へ加算する〕を選択した場合は、単純に〔横〕〔縦〕のテキストボックス(下記参照)に入力された数値の分だけ、記号が現在の位置から移動します。
  • 五線からの距離:横・縦 選択した記号をどの程度移動させるかを、これらのテキストボックスに数値で入力します。〔横〕のボックスに正の値を入力した場合は右に、負の値を入力した場合は左に、記号が移動します。〔縦〕のボックスに正の値を入力した場合は上に、負の値を入力した場合は下に、記号が移動します。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックすると、発想記号の変更が実行されます。〔キャンセル〕をクリックすると、変更を加えずにダイアログボックスを閉じます。

関連トピック:

発想記号

ユーティリティメニュー

発想記号ツール

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標