現在地: 各機能について > 新機能

Finale の新機能

最新版Finaleのユーザーインタフェース変更項目については、Finale のユーザーインタフェース変更項目をご参照ください。不具合の修正については、Read Me(Finaleのインストールフォルダにあります)に記載されている一覧またはFinaleの改善点をご覧ください。

Finale version 26の新機能

アーティキュレーション

  • 積み重ね配置 単一音符に割り付ける複数のアーティキュレーションが、自動的に積み重ねて配置されるようになりました。積み重ねたアーティキュレーションからどれか1つを外すと、残りのアーティキュレーションは自動的に再配置されます。外したアーティキュレーションを元に戻せば、手動調整を維持しながら再び積み重ねて配置されます。
  • 位置 アーティキュレーションを符尾側に付ける場合、符尾を基準にして中央揃えすることもできます。
  • Finale v26より前のバージョンで作成されたファイルの扱い Finale v26より前のバージョンで作成されたファイルを開くとき、アーティキュレーションをアップデートするかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。アップデートする場合、手動で行った位置調整が解除され、自動衝突回避が適用されます。〔環境設定〕ダイアログボックスを使って、この確認メッセージを表示しないように設定することもできます。確認メッセージに対して、旧バージョンで行った手動の位置調整を保持するように選択した場合でも、〔アーティキュレーション設計〕ダイアログボックスで設定されている自動配置規則に従って、後からアーティキュレーションをアップデートすることができます(〔ユーティリティ〕>〔変更〕>〔アーティキュレーション〕を選択して表示される〔割り付けたアーティキュレーションの変更〕ダイアログボックスを使います)。
  • アーティキュレーションメニュー 〔アーティキュレーション〕メニューを使って、個々のアーティキュレーションの積み重ね動作を素早く変更できます。
  • アーティキュレーション選択ダイアログボックス アーティキュレーションの積み重ね順は、〔アーティキュレーション選択〕ダイアログボックス内の記号の並び順に基づいています。積み重ねて配置できるアーティキュレーションにはアスタリスク(*)が付いています。〔アーティキュレーション選択〕ダイアログボックスで記号を複製した場合、複製した記号は元の記号の隣に表示されますが、マクロキーは割り当てされません。
  • アーティキュレーション設計ダイアログボックス 〔アーティキュレーション設計〕ダイアログボックスに、各ファイルのアーティキュレーションのデフォルト動作を設定する項目が追加されました。
  • 反転 アーティキュレーションを反転させるには、ショートカットキーのF、新設の〔アーティキュレーション〕メニュー、またはコンテクストメニューを使います。音符の符尾を反転させると、積み重ねて配置されたアーティキュレーション(手動の位置調整を含む)は自動的に音符の反対側に移動します。
  • ハンドベル・チャートの作成プラグイン アーティキュレーションの積み重ね機能が動作するように〔ハンドベル・チャートの作成〕プラグインがアップデートされました。
  • サイズ変更 音符を基準にして中央揃えするように設定されたアーティキュレーションは、音符のサイズを変更した後も中央揃えされます。
  • デフォルト構成 新しくなったアーティキュレーションの自動積み重ね機能と衝突回避機能に合わせて、楽譜書式、デフォルトの新規ファイル、ライブラリ、テンプレートもアップデートされました。
  • 詳しくはアーティキュレーションをご参照ください。

ライセンス認証

  • 手順 より短時間にライセンス認証を完了できるようにするため、認証手順がコンパクトになりました。
  • エラーメッセージ トラブル発生に備えて、認証エラーについて詳しいメッセージが表示されるようになりました。

音価の変更ダイアログボックス

  • パーセント値 すべての音符の変更をパーセント値で指定する場合の効果が分かりやすくなるように〔音価の変更〕ダイアログボックスが改良されました。

Finaleファイル

  • テンプレート フレットボードを含む2つの新しいウクレレテンプレート、Maestroフォントを使用したリードシートテンプレートをはじめ、計31のテンプレートが新しく追加されました。Finaleテンプレートファイルをご参照ください。
  • ライブラリ コードネーム、発想記号、変形図形のライブラリが新しくなり、これに伴い楽譜書式、テンプレート、デフォルトの新規ファイルがアップデートされました。Finaleライブラリをご参照ください。

小節を指定ダイアログボックス

インストールの改良

  • アンインストール Finale v26のインストーラは、Finale v26をFinale v25と置き換えるか、両バージョンを保持するかを選択することができます。

ライブラリ

  • コードサフィックス・ライブラリ Times New Roman、Broadway Copyist、Arial、Finale Copyist Text、Jazz Textの各フォント用のコードサフィックス・ライブラリが新しくなり、一般に使われるコード記号がさらに増えました。さらに、日本語版の初期設定ファイルではコード・ネーム全体に大きめのフォントを採用し、演奏現場での読み易さを追求しました。

MIDIセットアップ

MusicXML

  • MusicXMLエクスポート時のデフォルト形式が圧縮.mxlファイルとなり、グラフィックを伴うSmartMusicファイルの作成が簡単になりました。〔MusicXML初期設定〕ダイアログボックスでデフォルト形式を変更できます。
  • 大量のMusicXMLファイルを一括でエクスポート/インポートするときの速度が大幅に改善しました。
  • 下記項目のエクスポートとインポートが改善されました。
    • Maestroフォントのフォルテシモ記号、上げ弓記号、下げ弓記号
    • ×形符頭
    • 四角形の囲み記号の付いたページ付随のテキストブロック
    • 強弱記号のsffzppとsfzzppp
  • Finale NumericsフォントやBroadway Copyist Text拡張キャラクターセットを使用したコードネームをはじめ、各種コードネームがより正確にエクスポートされるようになりました。
  • Gould矢印四分音臨時記号が正確にMusicXML 3.1にエクスポートされるようになりました。
  • 〔移調楽器を実音で表示〕が設定され移調された楽譜を含むファイルをMusicXMLでエクスポートするとき、警告が追加されます。
  • MusicXMLのインポート/エクスポートから生成されるエラーログに含まれるファイルパス情報が、より詳細になりました。
  • いくつかの発想記号に対する誤判定処理命令が除去されました。
  • Express MusicフォントとDVM PublicationsのMetTimesフォントが、MusicXMLエクスポートのサポート対象に加わりました。
  • テキストブロックのデフォルトフォントと歌詞のデフォルトフォントが、ファイル別フォントオプションとしてインポートされるようになりました。
  • 非アルペジオ記号のインポートに対応しました。
  • 歌詞スラーのインポートに対応しました。
  • 単一音符スライドが位置情報付きでエクスポート/インポートできるようになりました。
  • 変形線形テキスト用のフォントファミリーがインポートされるようになりました。
  • あるMusicXML要素に複数のアーティキュレーションが割り付けられている場合、インポート時に、音符側または符尾側に自動配置されたアーティキュレーションが選択されます。
  • 認識されないother-dynamics(他の強弱記号)情報が、無視するのでなくテキストフォントを用いた発想記号としてインポートされるようになりました。
  • ページ付随のテキストブロックと一緒にリンクがインポートされるようになりました。

休符

セットアップ・ウィザード

スラー

  • アーティキュレーションとの相互関係 スラーの配置と輪郭に応じて、アーティキュレーションが自動調整されるようになりました。新しくなった〔スラー詳細設定〕ダイアログボックスで、スラーとアーティキュレーションの間の最小距離を設定できます。
  • フレックス・スラー 別のスラーの中の入れ子状のスラーを削除すると、フレックス・スラーが自動的に更新されます。

変形図形

  • 表示の自動更新 小節の内容を変更して変形図形が自動調整されたとき、〔レイアウト更新〕や〔描き直し〕を実行する操作が不要になりました。
  • マクロ機能 新しい変形図形が追加され、マクロキーが更新されました。マクロ機能をご参照ください。

トレモロ

  • 符尾が付いた音符、符尾のない音符 音符にトレモロを割り付けたとき、旗と連符に衝突しないように符尾の長さが自動で調整されます。全音符にトレモロを割り付けた場合、音符の横幅に対してトレモロが中央揃えされます。他のアーティキュレーションを追加、削除、移動、または反転しても、トレモロの位置は符尾に付いた状態を維持します。新規作成されたトレモロは、新しい最適化機能に従って自動配置されます。
  • 五線との相互関係 デフォルトでは、トレモロは五線に残り、加線と交わることはありません。

以前のバージョン

下記の新機能のうち、Finaleのその後のバージョンで変更された機能には * 印が付いています。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks