カポ・コードの追加/削除ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. コードネームを表示している小節範囲を選択します。
  2. 〔ユーティリティ〕メニューから〔カポ・コードの追加/削除〕を選択します。

【機能について】

フレット楽器パートを作成するとき、指定したフレット番号にカポを装着して演奏する場合のコードネーム/指番号を表示できます。例えば一般的なギターの第3フレットにカポを装着する場合、短三度下に移調したコードネームが表示されます。この場合、ギター奏者はEメジャーコードの指使いでGメジャーコードを演奏することになります。カポをナットの代わりのように扱えるので、楽な指使いでコードを演奏できます。カポ・コードは音自体は正確に表示しませんが、演奏者に対して効率良く演奏させる働きをします。

  • カポのフレット このテキストボックスに、カポを装着するフレット番号を入力します。
  • コードネームからの距離:__ カポ・コードの表示位置を指定します。作成済みのコードネームからの距離を入力してください。編集 > 計測単位で選択されている計測単位が使われます。
  • 先頭に表示させるテキスト: 先頭のカポ・コードに文字を表示する場合は、このテキストボックスに入力します。初期値は「Capo:#」(#は〔カポのフレット〕で指定されてい番号)です。
  • フレットボードにフォントを使用 このオプションにチェックを付けると、フレットボードの表示に〔ファイル別オプション-フォント〕ダイアログボックスで指定されたフォントが使用されます。図形により任意にデザインしたフレットボードを使用したい場合は、このボックスのチェックを外してください。
  • 既存のカポ・コードを削除 このボックスにチェックを付けると、選択領域からカポ・コードが消去されます。
  • OK・キャンセル 〔キャンセル〕をクリックすると、カポ・コードの編集内容を破棄してダイアログボックスを閉じます。 変更を確定してダイアログボックスを閉じるには、〔OK〕をクリックします。

コードネームを変更しても、カポ・コードは自動更新されません。カポ・コードを併記したコードネームを変更した場合は、〔カポ・コードの追加/削除〕ダイアログボックスでカポ・コード記号を削除し適用し直す必要があります。

関連トピック:

コードツール

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks