変化記号リスト ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 調号ツールiconを選択し、調号を変更する小節をダブルクリックします。〔調号〕ダイアログボックスが表示されます。
  2. ドロップダウン メニューから〔特殊〕を選択します。〔特殊な調号〕ダイアログボックスが表示されます。
  3. 〔次へ〕をクリックして、編集する調体系/調性を選択します。
  4. 〔属性〕ボタンをクリックします。〔調の属性〕ダイアログボックスが表示されます。
  5. 〔変化記号リスト番号〕ボタンをクリックします。

【機能について】

特殊な調号に、例を用いたチュートリアルがあります。

このダイアログボックスで、それぞれの変化記号に使用したいキャラクタを指定できます。例えば、4分音の音階を作成している場合に、CとC#の間、C#とDの間の音符の表記法を設定することができます。

  • 変化記号リスト(#) このインジケータは、変化記号とそれに使用するキャラクタの組み合わせを番号で識別します。
  • 組み合わせ(#) このインジケータは、表示したい変化記号のキャラクタと音程の変化量の組み合わせを番号で識別します。
  • 変化量 このテキストボックスの数字は、新しい記号に割り当てる半音単位の変化量を表しています。例えば、通常ではF#の変化量は1ですが、4分音ではF#の変化量は2となります。負の数字を入力すると半音が下方向に変化します。
  • キャラクタ このテキストボックスで、変化記号として表示したいキャラクタを指定します。〔記号〕ボタンをクリックして、キャラクタの一覧から選択することもできます。このテキストボックスに入力されたキャラクタはシステムフォントで表示されます。例えば、Kousakuフォントでフラットのキャラクタを使用している場合、小文字のbがこのテキストボックスに表示されます。

    変化記号を表すキャラクタは、2文字以上であってもかまいません(ただし8文字まで)。例えば、4分音の音階では2文字で表現します(例えば#$をと表示してC#とDの間の4分の3音を表します)。4分の3音は変化量が3となります。

  • キャラクタ 〔記号〕をクリックすると、〔キャラクタ〕テキストボックスに文字を入力する代わりに、〔キャラクタの選択〕ダイアログボックスから選択することができます。
  • 挿入 変化量とキャラクタの組み合わせの作成後、このボタンをクリックして保存し、変化記号リストに加えます。既存の組み合わせを書き換えたように見えますが、Finaleは古いデータと新しいデータの両方を保存しています。
  • 削除 〔削除〕をクリックすると、現在表示されている変化量とキャラクタの組み合わせを変化記号リストから取り除くことができます。
  • 戻る・次へ 〔戻る〕や〔次へ〕をクリックして、変化記号リストの変化量とキャラクタの組み合わせを順に確認することができます。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックすると変更を確定します。〔キャンセル〕をクリックすると変更を取り消します。いずれの場合も〔特殊な調号〕ダイアログボックスへ戻ります。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標