VSTプラグインの管理ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

〔MIDI/Audio〕メニューから〔デバイスのセットアップ〕 > 〔VSTプラグインの管理〕を選択します。

【機能について】

Finaleをバージョンアップする場合、VSTディレクトリの設定は新バージョンにコピーされません。Finale実行時に仮想楽器プラグインを検索する場所として、デフォルト以外の場所を1つ以上設定した場合は、新バージョンでも再度同じ設定をする必要があります。

Finaleでは、あらゆるVSTプラグインを使用できます。このダイアログボックスでは、コンピュータにインストールされているVSTプラグインのリストを表示して、個々のプラグインの有効/無効を指定します。利用可能に設定したVSTインストゥルメント/エフェクトは、〔VSTバンク/エフェクト〕ダイアログボックスのリストから選択できます。

  • 追加・削除 〔追加〕をクリックすると〔フォルダの参照〕ダイアログボックスが開き、VSTプラグインのインストール先フォルダを指定できます。〔プラグインのディレクトリ〕欄のディレクトリを選択(ハイライト表示)して〔削除〕をクリックすると、リストから削除されます。
  • 閉じる 〔閉じる〕をクリックするかEnterキーを押すと、設定を確定して楽譜画面に戻ります。

関連トピック:

デバイスのセットアップ(サブメニュー)

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標