VSTバンク/エフェクトダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

〔MIDI/Audio〕メニューからVSTバンク/エフェクト〕を選択します。

【機能について】

このダイアログボックスでは、VST音源エンジンを読み込み、その画面を開いて、音色とチャンネルを割り当てることができます。Finaleには、ARIA PlayerGarritan Instruments for Finale音源ライブラリが付属しています。ARIA PlayerはFinaleをホストシーケンサーとして使います。このダイアログボックスを使って、他のVST音源ライブラリを読み込み、VSTエフェクトを選択、編集し、選択したVST音源のボリュームを調整することもできます。

音色の割り当てを手動で変更しても、〔MIDI/Audio〕メニューの〔プレイバックサウンドの再割り当て〕を選択することにより、サウンド・マップの優先順位に基づくプレイバックサウンドに戻すことができます。

基本的に、Finaleは、楽器に音色を自動で割り当て、対応する楽器サウンドを用いて付属のAria PlayerやSmartMusicソフトシンセをバンクに割り当てます。例えばスコア・マネージャーで楽器を追加、変更すると、(〔サウンド・マップの優先順位〕ダイアログボックスで設定されたサウンド・マップの優先順に従って)必要なバンクと音色が自動で読み込まれます。〔VSTバンク/エフェクト〕ダイアログボックス(および各VST音源エンジンの画面)でバンクや音色の割り当てを手動で変更すると、Finaleの自動設定に変更を加えることになるため、他の音色の割り当てに影響していないか注意が必要です(バンクと音源エンジンの編集をご参照ください)。

  • バンク(Fin. Ch.)・プレイバック音源・編集 各ドロップダウン メニューの矢印をクリックすると、コンピュータにインストールされているサウンドライブラリの一覧が表示されます。ARIA PlayerはFinaleに同梱されています。Finaleに付属しているGarritan音源の音色を読み込むとき、ARIA Playerが使用されます。隣のボタンをクリックすると音源エンジンの画面が開き、音色の追加などの設定ができます。各ドロップダウン メニューの左に表示されている数字は、各バンクのFinaleチャンネルです。Finaleは、16チャンネルを8バンク、計128チャンネルを使用できます。
  • VSTエフェクトプラグインは、他のプラグイン同様に、アプリケーションごとに指定されたVSTフォルダにdllファイルとして格納されています。目的のプラグインがFinaleで認識されない場合は、〔VSTプラグインの管理〕ダイアログボックスで調整をお試しください。

  • エフェクト ドロップダウン メニューの矢印をクリックすると、システムにインストールされているVSTエフェクトの一覧が表示されます。隣のボタンをクリックすると、選択したエフェクトのインタフェースが開き、変更を加えることができます。エフェクトをリセットするには、〔エフェクト〕ドロップダウン メニューから---を選択して、エフェクトを選択し直してください。
  • バイパス 対応するエフェクトを一時的に省略するには、このボックスにチェックを付けます。
  • ボリューム・クリップ 各バンクのVST音源の再生レベルを調整できます。再生レベルが高すぎる場合は〔クリップ〕欄が点灯します。
  • マスターエフェクト・マスターボリューム すべてのバンクに適用するエフェクトとボリューム値を調節します。
  • 閉じる 〔閉じる〕をクリックすると変更が適用されます。

関連トピック:

プレイバックサウンドの設定

バンクと音源エンジンの編集

MIDI/Audioメニュー

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標