発想記号の設計-配置ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 発想記号ツールiconを選択して、音符または小節をダブルクリックします。〔発想記号の選択〕ダイアログボックスが表示されます。
  2. 〔(カテゴリ名)の作成〕をクリックするか、発想記号のどれかを選択して〔編集〕をクリックします。〔発想記号の設計〕ダイアログボックスが表示されます。
  3. 〔配置〕タブをクリックします。

【機能について】

音符、小節線、その他の音楽要素を基準にして、発想記号のデフォルト位置を設定します。

  • [カテゴリ名]で定義された配置を使用 〔発想記号カテゴリの設計〕ダイアログボックスで設定したカテゴリ別の配置設定に従う場合は、このボックスにチェックを付けます。チェックを外すと、個々の発想記号に対して個別に配置を設定できます。
  • 長休符を分割する このボックスにチェックを付けると、発想記号の割り付け先の小節に長休符に含まれる場合でも、その節で長休符を分断します。
  • 位置合わせ:左揃え・中央揃え・右揃え 位置揃えのオプションを選択します。〔水平位置の基準点〕と〔垂直位置の基準点〕で指定した位置が基準になります。
  • 水平位置の基準点:クリックした位置・一番左の符頭の左端・基準となる符頭の左端・符頭・基準となる符頭の中心・符頭全体の中心・一番右の符頭の左端・左小節線・拍子記号の左端・音部記号/調号/拍子記号/反復小節線の直後・記譜部分の左端・左右の小節線の中央・記譜部分の中央・右小節線 符頭、小節線などの音楽記号を基準にして、発想記号の位置を指定します。下のプレビュー表示を見ながら選択できます。
    • 〔クリックした位置〕は、楽譜画面でクリックした位置の水平線上に発想記号を置きます。
    • 〔一番左の符頭の左端〕は、符頭(和音の場合は一番左の符頭)の左端に揃えて配置します。
    • 〔基準となる符頭の左端〕は、符頭(和音の場合は主要音の符頭)の左端に揃えて配置します。
    • 〔符頭〕は、符尾に揃えて配置します。
    • 〔基準となる符頭の中心〕は、主要音の中心に配置します(2度音程の和音に割り付けると、発想記号の位置が変わります)。
    • 〔符頭全体の中心〕は、符頭の中心に揃えて配置します。2度音程の和音に割り付ける場合は、符頭間の中心に揃えて配置します。
    • 〔一番右の符頭の右端〕は、符頭の右端に揃えて配置します。
    • 〔左小節線〕は、左小節線に揃えて配置します。
    • 〔拍子記号の左端〕は、拍子記号の左端に揃えて配置します。
    • 〔音部記号/調号/拍子記号/反復小節線の直後〕は、音部記号、調号、拍子記号、または反復小節線の後ろの端に揃えて配置します。
    • 〔記譜部分の左端〕は、小節内の記譜部分の先頭に揃えて配置します。
    • 〔左右の小節線の中央〕は、左小節線と右小節線の間の中心に揃えて配置します。
    • 〔記譜部分の中央〕は、記譜部分の先頭と末尾の間の中心に揃えて配置します(このとき、〔ファイル別オプション-スペーシング〕ダイアログボックスのスペーシング設定が加味されます)。
    • 〔右小節線〕は、右小節線に揃えて配置します。
  • 水平位置の微調整 発想記号の水平方向の位置を微調整するには、このボックスに正または負の数値を入力します。
  • 垂直位置の基準点:クリックした位置・五線の第5線・五線上部ベースライン・五線下部ベースライン・最高音・最低音・音符の上・音符の下・五線上部ベースラインまたは音符の上・五線上部ベースラインまたは五線の下 音符または五線を基準にして、発想記号の垂直方向の位置を指定します。
    • 〔クリックした位置〕は、譜面上でクリックした位置(五線の一番上からの距離)に発想記号を置きます。
    • 〔五線の第5線〕は、五線の一番上の線を基準にして発想記号を置きます。
    • 〔五線上部ベースライン〕/〔五線下部ベースライン〕は、(歌詞やコードネームと同様に)五線の上下のベースラインに合わせて発想記号を置きます。
    • 〔最高音〕/〔最低音〕は、和音の最高音または最低音に揃えて配置します。

      〔最高音〕か〔最低音〕を選択した場合、〔発想記号の割り付け〕ダイアログボックスの縦位置の値は、和音の最高音または最低音からの距離を表します。

    • 〔五線上部ベースラインまたは音符の上〕/〔五線上部ベースラインまたは五線の下〕は、発想記号を上または下のベースラインに置き、発想記号と音符が衝突する場合は音符の上か下に置きます。
  • ベースラインからの距離 〔五線上部ベースラインまたは音符の上〕か〔五線上部ベースラインまたは五線の下〕を選択すると、このオプションが表示されます。五線の上または下のベースラインからの距離を指定するには、このボックスに値を入力します。
  • 垂直位置の微調整 発想記号の垂直位置を微調整するには、このボックスに正または負の数値を入力します。
  • 音符からの距離  発想記号の位置を指定したあと、さらに音符を基準に垂直方向の位置を調整するには、このボックスに正または負の数値を入力します。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックすると、作成または編集した発想記号を保存して〔発想記号の選択〕ダイアログボックス(または楽譜上)に戻ります。注:ある発想記号を編集すると、楽譜上に表示されている同一の発想記号がすべて変更されるのでご注意ください。〔キャンセル〕をクリックすると、発想記号の作成、編集をおこなわずに〔発想記号の選択〕ダイアログボックス(または楽譜上)に戻ります。

関連トピック:

発想記号

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標