ハンドベル・チャートの作成プラグイン

【このプラグインを使用するには】

  1. 選択ツールiconで対象範囲を選択するか、CTRL+Aキーを押して楽譜全体を選択します。
  2. 次に、〔プラグイン〕メニューの〔TGツール〕から〔ハンドベル・チャートの作成〕を選択します。

【機能について】

このプラグインを使用すると、〔選択〕ツールで選択した小節範囲内にあるピッチを検出して、ハンドベル・チャートを自動で作成できます。ト音記号の付いた1本の五線または大譜表にハンドベル・チャートが作成されます。

ハンドベル譜の標準の表記法と同様に、楽譜の冒頭にハンドベル・チャートを追加できます。

  • チャートを冒頭に挿入する  このオプションにチェックを付けると、ハンドベル・チャート用の小節が楽譜の先頭に挿入されます。
  • チャートをこの小節の前に挿入する  ハンドベル・チャートを挿入する位置を小節番号で指定します。指定した小節が空の小節でない場合、上書きするかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。このテキストボックスは、上の〔チャートを冒頭に挿入する〕を選択していないときだけ使用できます。
  • 大譜表で表示  このオプションにチェックを付けると、大譜表の両方の五線にハンドベル・チャートが表示されます。チェックを付けなければ、ト音記号の付いた単一の五線に表示されます。大譜表に表示する場合、デフォルトの分割ポイントはDb5です(Db5以上の音符はト音記号の五線に表示されます)。
  • 分割ポイント  別の分割ポイントを指定する場合は、このボックスに入力します(C5=中央のCです)。ト音記号の五線に表示する一番下の音符を指定してください。
  • チャート五線の拡大縮小率  ハンドベル・チャートの五線の表示サイズを、通常の五線に対するパーセント値で指定します。
  • 使用オクターブとベル数を表示  このオプションにチェックを付けると、オクターブ数と使用ベル数がチャート上部に文字発想記号として表示されます。
  • 異名同音は併記する  このオプションにチェックを付けると、異名同音がチャートに表記されます。例えば、楽譜の選択範囲内にFシャープとGフラットがある場合、ハンドベル・チャートにも両方が表記されます。
  • 特殊な符頭は別グループとして表示  このオプションにチェックを付けると、特殊な符頭(菱形のハンドチャイム用符頭など)は別グループとして表示されます。チェックを付けなければ、通常の符頭としてハンドベル・チャートに表記されます。
  • 符頭グループごとに小節線で分ける  このオプションにチェックを付けると、特殊な符頭のグループは別の小節に配置されます。通常のハンドベル・チャートのあとに、特殊な符頭のグループが個別の小節に表示されます。ただし菱形符頭(オープン/クローズ)は例外で、ここでの設定によらず同じハンドベル・チャートに表示されます。
  • 指定音より上の音はオクターブ表記にする  このオプションにチェックを付けると、1オクターブ離れた複数の縦方向の音符をグループ化します。ト音記号の五線にピッチのみオクターブ表記されます。
  • 指定音  ハンドベル・チャートにオクターブ表記するピッチの最低音を指定できます。
  • 適用・閉じる・デフォルト・TGツールについて  〔適用〕をクリックすると、設定に従ってハンドベル・チャートが作成されます。〔キャンセル〕をクリックすると、変更を加えずにダイアログボックスを閉じます。〔デフォルト〕をクリックすると、ダイアログボックスの初期設定に戻ります。〔TGツールについて〕をクリックすると、TGツールの製品版の情報をご覧いただけます。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標