SmartMusicファイルが対応していない項目ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 〔ファイル〕メニューの〔エクスポート〕からClassic SmartMusicを選択します。
  2. エクスポート設定を完成させます。Classic SmartMusicと互換性のない記譜要素が見つかった場合、このダイアログボックスが表示されます。

【機能について】

Finaleで作成した楽譜ファイルに、Classic SmartMusicと互換性がない要素が含まれていることがあります。その場合、評価の精度が落ちたり、Classic SmartMusic画面のスクロール表示中に問題が生じることがあります。また、単にClassic SmartMusicが対応していない楽譜要素である場合もあります。SmartMusicファイル形式で保存する際、Classic SmartMusicと互換性のない項目が見つかると、このダイアログボックスが開き、該当項目のリストが表示されます。

  • 修正済み・合計・場所・修正済み項目 このエリアには、自動修正された非互換項目が表示されます。修正が加えられるのは、エクスポートしたSmartMusic伴奏ファイルだけであり、Finaleファイル自体は修正されません。
  • 未修正・合計・場所・未修正の項目 このエリアには、自動修正されなかった非互換項目が表示されます。

    問題点を完全には解消しない状態でSmartMusic伴奏ファイルを保存することもできます。各項目の詳細は、右のボックスに表示される説明をご参照ください。

  • フォントの編集 このボタンをクリックすると〔フォントの編集〕ダイアログボックス(下記参照)が開き、フォント一覧と、その代替フォント(存在する場合)が表示されます。
  • 編集・続ける・キャンセル 〔編集〕をクリックすると、〔SmartMusic伴奏ファイルの互換性 - 編集〕ダイアログボックス(下記参照)が開き、実際に発生した個々の非互換項目が表示されます。この項目を参照しながら、楽譜ウィンドウで問題点を手動で修正することができます。〔続ける〕をクリックすると、問題点を完全には解消しない状態でSmartMusicファイル形式で保存します。〔キャンセル〕をクリックすると、変更を加えずに楽譜画面に戻ります。

SmartMusic伴奏ファイルの互換性 - 編集 ダイアログボックス

  • 未修正・合計・場所・未修正の項目 このエリアには、自動修正できなかった個々の問題点が一覧表示されます。このダイアログボックスを表示したまま、楽譜ウィンドウ上で問題点を手動で修正することができます。
  • 再チェック・SmartMusic®へエクスポートする・完了 〔再チェック〕をクリックすると、項目のリストが更新されます。エクスポート設定を最初からやり直すには〔SmartMusicへエクスポートする〕をクリックします。修正が完了したら、〔完了〕をクリックして楽譜画面に戻り、〔ファイル〕メニューの〔エクスポート〕からClassic SmartMusicを選択して、SmartMusic伴奏ファイル形式で保存します。

フォントの編集ダイアログボックス

  • [フォントリスト] このリストには、Finaleファイルで使われているフォントが一覧表示されます。認識されなかったフォントは「*認識されないフォント*」というカテゴリにまとめられています。
  • フォントを再指定 「*認識されないフォント*」カテゴリの項目をハイライト表示してこのボタンをクリックすると、〔フォントを再指定〕ダイアログボックス(下記参照)が開き、SmartMusic形式でエクスポートできるように、認識されなかったフォントを認識されたフォントファミリーに割り当てることができます。このダイアログボックスでおこなった設定は、Finaleで作成するファイルに適用されるグローバルマスターファイルに保存されます。
  • ファイルのパス このボタンをクリックすると〔"Configuration File"の情報〕ダイアログボックス(下記参照)が開き、フォントの編集設定の一覧を表示するグローバルマスターファイルの場所が表示されます。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックすると変更が保存されて、〔SmartMusicファイルが対応していない項目〕ダイアログボックスに戻ります。〔キャンセル〕をクリックすると変更が破棄されます。

フォントを再指定 ダイアログボックス

  • 指定可能なフォント 認識されなかったフォントを認識済みフォントファミリーに割り当ててSmartMusic形式でエクスポートできるようにするには、このドロップダウン メニューからフォントファミリーを選択します。SmartMusic伴奏ファイルとして保存したファイルでは、再割り当て後のフォントが使われ、ここで選択したフォントファミリーに置き換えられます。この変更はFinaleファイル自体には適用されません。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックすると、変更を保存して〔フォントの編集〕ダイアログボックスに戻ります。〔キャンセル〕をクリックすると変更が破棄されます。

"Configuration File"の情報 ダイアログボックス

このダイアログボックスは、Finaleでおこなったフォントの編集設定が保存されているテキストファイルの場所を表示します。〔OK〕をクリックすると〔フォントの編集〕ダイアログボックスに戻ります。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標