不完全小節

先頭小節を不完全小節に変換する手順を以下に示します。先頭小節の前に不完全小節を追加するには、曲の冒頭に小節ブロックを挿入します(先頭小節を選択してから、〔編集〕メニューの〔小節ブロックを挿入〕を選択)。小節番号は自動的に弱起小節を飛ばしてカウントされます。また、弱起を作成するにはもう1つの方法があり、その方法では曲頭だけでなく曲の途中にも弱起を作成することができます。詳しくは下記の「曲の途中に不完全小節を作成するには」をご参照ください。

曲の頭に不完全小節(弱起)を作成するには

  1. 〔書類〕メニューから〔弱起の設定〕を選択します。音価の一覧を収めた〔弱起の設定〕ダイアログボックスが表示されます。
  2. 弱起に含まれる拍の合計に値する音価を、リストから選択してクリックします。合計した音価が付点音符に相当する場合は、付点音符をクリックします。
  3. 〔OK〕をクリックして、最初の小節に音符を入力します。休符が音符に代わります。プレイバック時には、その小節は拍子記号で設定される拍数をもった完全小節として扱われるため、その音符の前にある“見えない休符”の長さの分だけ無音状態になります。弱起の設定をおこなう前にその小節に音符を入力した場合は、スペーシングをかけ直す必要があります。

曲の冒頭の不完全小節(弱起)を削除するには

  1. 〔書類〕メニューから〔弱起の設定〕を選択します。音価の一覧を収めた〔弱起の設定〕ダイアログボックスが表示されます。
  2. 〔弱起の取り消し〕をクリックします。EDU値が0になり、選択していた音価が非選択の状態になります。
  3. 〔OK〕をクリックします(またはENTERを押します)。以上で弱起小節が削除されます。

曲の途中に不完全小節を作成するには

  1. 最初に、小節の先頭に弱起音符を入力します。
  2. 拍子記号ツールを選択します。
  3. 弱起小節にする小節をダブルクリックします。〔拍子記号〕ダイアログボックスが表示されます。
  4. 弱起小節の拍数と一致するように〔1小節内の拍数〕を設定します。
  5. 〔変更する小節範囲〕で、弱起小節にする小節の番号を指定します。例えば、「24小節目から24小節目」のように指定します。
  6. 〔選択項目を増やす〕をクリックするとダイアログボックスが広がります。
  7. 〔表示専用に別の拍子記号を使う〕にチェックを付けます。
  8. 弱起小節より後の小節の拍数と一致するように〔1小節内の拍数〕を設定します。
  9. 弱起小節より後の小節の拍の音価と一致するように〔拍の音符の種類〕を設定して、〔OK〕をクリックします。〔OK〕をクリックします。
  10. 小節ツールを選択して、弱起小節をダブルクリックします。〔小節の属性〕ダイアログボックスが表示されます。
  11. 〔小節番号にカウントする〕のチェックを外して、〔OK〕をクリックします。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks