現在地: 機能マニュアル > ダイアログボックス > S > SmartMusicマーカーダイアログボックス

SmartMusic Markersダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

〔ユーティリティ〕メニューから〔SmartMusicマーカー〕を選択します。

【機能について】

〔発想記号〕ツールを使って手動でSmartMusicマーカーを設定する代わりに、このダイアログボックスで簡単にマーカーを追加できます。「SmartMusic演奏マーカーを発想記号として追加するには」をご参照ください。

SmartMusicの伴奏ファイルを作成するとき、このダイアログボックスを使って楽譜にSmartMusic演奏マーカーを追加することができます。ポーズ記号(フェルマータ、テヌート)、テンポチェンジ、反復セクション、Intelligent Accompaniment(Follow Me)レベルなどの演奏特性について、Classic SmartMusicにどのように応答させるかを設定します。「Classic SmartMusicファイルを作成する」をご参照ください。

  • [マーカーリスト] このリストからSmartMusicマーカーのタイプを選択して〔Add〕をクリックすると、そのマーカーが楽譜に追加されます。
  • Auto-update All
  • [マーカーウィンドウ] 楽譜に追加したSmartMusicマーカーは、位置情報と共にこのウィンドウに一覧表示されます。マーカーに変更を加える必要があれば、ウィンドウ内で選択して〔Edit〕をクリックします。
  • Add マーカーのタイプを選択して〔Add〕をクリックすると、そのマーカーが楽譜に追加されます。該当するダイアログボックスが表示され、マーカーの位置と属性を設定できます。
  • Edit マーカーの位置や設定を変更するには、マーカーを選択して〔Edit〕をクリックします。
  • Delete マーカーを削除するには、マーカーを選択して〔Delete〕をクリックします。
  • Navigate 既存のマーカーを選択して〔Navigate〕をクリックすると、楽譜上でそのマーカーの位置に移動します。
  • Intelligent Accompaniment Slider・ Large Breath・Small Breath・Up・Down・ On・Off・Set 選択したマーカーの種類によって、使用可能なオプションが変化します。〔Set〕をクリックすると、選択したマーカーが現在の設定レベルにロックされます。

    スライダーを右に動かすとIntelligent Accompanimentレベルが上がり、左に動かすと下がります。レベル0の場合、Intelligent Accompaniment機能は働きません(ソロ演奏者が100%伴奏に合わせます)。レベル10に設定すると、最高レベルのIntelligentAccompanimentが適用されます(伴奏が100%ソロ演奏者に追随します)。SmartMusicの初期値は、クラシックレパートリーが2、ロマン様式レパートリーは5です。

  • OK・Done このダイアログボックスで設定した変更を確定するには〔OK〕をクリックします(またはENTERを押します)。設定を破棄するには〔キャンセル〕をクリックします。楽譜上では非表示の発想記号となります。

関連トピック:

SmartMusic演奏マーカー

Classic SmartMusicファイルを作成する

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標