簡易トレモロプラグイン

【このプラグインを使用するには】

  1. 選択ツールiconで範囲を選択します。
  2. 〔プラグイン〕メニューの〔TGツール〕から〔簡易トレモロ〕を選択します。

【機能について】

この〔簡易トレモロ〕プラグインを使用すると、トレモロの表記およびプレイバックを簡単に作成することができます。まず、トレモロを使用しない状態で拍が小節にきちんと収まるように音符を入力してください。このプラグインは、同じ音価で連続している2つの音符を自動的にトレモロ表記に変更します。トレモロ表記としての正しい音価で表示するために、入力した音符の音価は倍になります。

トレモロ表記の外観を微調整するために、(例えば連桁の数など)いくつかのオプションが用意されています。このプラグインは、既存のトレモロ表記を、例えば連桁の数やプレイバック用音符の入力など、新しい設定内容で上書きすることも可能です。ただし、このプラグインは、一度トレモロ表記にされたフレーズを通常の音符に戻すことはできません。小節内の特定の音符のみをトレモロ表記にしたい場合は、〔小節の一部分を選択〕を使用してください。

  • 連桁の本数 2つの音符の間に表記するトレモロ用連桁の本数を指定してください。
  • 臨時記号を避ける このボックスをチェックすると、トレモロ用連桁は臨時記号との衝突を避けて表記されます。
  • プレイバック用の音符を作成 このボックスをチェックすると、トレモロ表記を正しくプレイバックするために、レイヤー4に見えない音符としてプレイバック用の音符が入力されます。
  • HumanPlaybackより優先させる このボックスをチェックすると、〔プレイバック設定〕ダイアログボックスでHuman Playbackをオンにしてしても、このダイアログボックスの設定が適用されます。
  • 適用・閉じる・デフォルト・TGツールについて 〔適用〕をクリックすると、設定した内容に基づいてトレモロ表記が作成されます。引き続き他の箇所に対しても設定できるように、ダイアログボックスは開いたままになります。〔キャンセル〕をクリックすると、変更を加えずにダイアログボックスを閉じます。〔デフォルト〕をクリックすると、初期設定に戻ります。〔TGツールについて〕をクリックすると、TGツールの製品版の情報をご覧いただけます。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標