フレットボード選択ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. コード・ツールiconを選択します。メニューバーに〔コード〕メニューが表示されます。
  2. 〔コード〕メニューから〔手動入力〕を選択し、コードネームがまだ割り付けられていない音符をクリックします。
  3. 〔コード定義〕ダイアログボックスの〔フレットボード〕欄で〔選択〕をクリックします。
  4. すでに音符にコードネームが割り付けられている場合は、まず音符をクリックしてハンドルを表示し、そのハンドルをダブルクリックして、〔フレットボード〕エリアにある〔選択〕をクリックします。

【機能について】

このダイアログボックスには、これまでにそのファイルで作成、または読み込まれたすべての(指定されたコードネームに対する)フレットボードが表示されます。表示されたフレットボードはすべて選択、削除、編集することができます。また、このダイアログボックスから〔フレットボード編集〕ダイアログボックスを表示すると、フレットボードの新規作成や編集がおこなえます。

  • 図形:選択 使用したいフレットボードをクリックで選択してこのボタンをクリックすると、〔コード定義〕ダイアログボックスへ戻ります。〔コード定義〕ダイアログボックス内の〔フレットボード〕の欄にある〔番号〕テキストボックスには、先ほど選択したフレットボードのID番号が表示され、そのフレットボードが楽譜上に表示されます。使用したいフレットボードをダブルクリックすると、このボタンをクリックしたのと同じ結果になります。
  • キャンセル フレットボードを選択しないまま〔コード定義〕ダイアログボックスへ戻る場合は、このボタンをクリックしてください。
  • 編集 フレットボードをクリックで選択してからこのボタンを押すと、〔フレットボード編集〕ダイアログボックスが現れ、そのフレットボードを編集することができます。
  • 作成 使用したいフレットボードがリスト上にない場合は、このボタンをクリックして、〔フレットボード編集〕ダイアログボックスで新しいフレットボードを作成してください。
  • 複製 フレットボードをクリックで選択してからこのボタンをクリックすると、そのフレットボードが複製されて、もとのフレットボードを残したまま、新しいフレットボードを編集することができます。複数の項目を選択することも可能です。リスト上の連続した項目を一度に選択したい場合は、最初の項目と最後の項目をShift+クリックしてください。リスト上の項目を個別に追加選択する場合は、Ctrl+クリックしてください。
  • 削除 フレットボードをクリックで選択してからこのボタンをクリックすると、そのフレットボードがリストから削除されます。複数の項目を選択することも可能です。リスト上の連続した項目を一度に選択したい場合は、最初の項目と最後の項目をShift+クリックしてください。リスト上の項目を個別に追加選択する場合は、CTRL+クリックしてください。削除しようとしているフレットボードがすでに楽譜上で使用されている場合は、〔記号の削除〕ダイアログボックスが表示されて、削除する際のオプションを選択することができます。「記号の削除ダイアログボックス」をご参照ください。
  • 上へ移動・下へ移動 リスト上で項目を選択してから〔上へ移動〕または〔下へ移動〕をクリックすると、選択した項目がリスト内で上下に移動します。複数の項目を選択することも可能です。リスト上の連続した項目を一度に選択したい場合は、最初の項目と最後の項目をShift+クリックしてください。リスト上の項目を個別に追加選択する場合は、Ctrl+クリックしてください。
  • [拡大/縮小ボタン] 選択項目の表示を拡大/縮小します。ダイアログボックスの右下隅をドラッグすると、ダイアログボックスのサイズを変更できます。
  • 別のコード・サフィックスからフレットボードをコピー:サフィックスを選択 〔サフィックスを選択〕ボタンをクリックすると、〔サフィックスからフレットボードをコピー〕ダイアログボックスが表示され、コピーしたいフレットボードを持つサフィックスを選択することができます。

関連トピック:

コードネーム

コード定義ダイアログボックス

フレットボード編集ダイアログボックス

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標