歌詞をずらす ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 歌詞ツールiconを選択します。メニューバーに〔歌詞〕メニューが表示されます。
  2. 〔歌詞〕メニューから〔歌詞をずらす〕を選択します。

【機能について】

楽譜上のすべてのシラブルを、1つの音符分だけ右や左へずらす必要がある場合があります。例えば、〔歌詞〕ウィンドウで歌詞を編集したけれども、1つのシラブルが複数の音符にまたがって延ばされることを忘れていた場合などです。楽譜上に歌詞を挿入するために〔クリックで割り付け〕機能を使用して流し込んだ場合、シラブルはそのようなメリスマで延びている各音符にもすべて割り付けられてしまいます。そのような場合はこの〔歌詞をずらす〕機能を使って、すべてのシラブルが正しい音符に割り付けられるよう、同時にずらすことができます。

このダイアログボックスには、シラブルをずらすためのオプションがいくつかあります。歌詞をずらしたい方向を指定できます。

  • 歌詞をずらす方向:右・左 このドロップダウン メニューで歌詞をずらす方向を指定できます。

    〔左〕を選択した場合、ずらしたい最初のシラブルの左にある音符をクリックすると、シラブルが音符1つ分移動します。休符やタイでつながれた音符は無視され、そのあとのシラブル全体も左へ移動します。音符を続けてずらしたい場合には、この操作を繰り返します。

    〔右〕を選択した場合、ずらしたい最初のシラブルをクリックすると、シラブルが音符1つ分だけ右へ移動します。休符やタイでつながれた音符は自動的に無視され、そのあとのシラブル全体も右へ移動します。音符を続けてずらしたい場合には、この操作を繰り返します。

  • オプション:曲の最後まで歌詞を1つずつシフトする・次にシラブルが付いていない音符までシフトする シラブルをずらす範囲を指定する必要があります。最初のオプションをクリックすると、楽譜全体でシラブルが移動します。2つ目のオプションをクリックすると、シラブルが割り付けられていない小節までの歌詞がずらされます。
  • オプション:歌詞をシフトと共に回転 このオプションは音符の数よりシラブルの数のほうが多い場合に便利です。このオプションを使用すると、“歌詞が割り付けられている音符”の数は変更せずに、それぞれの音符に割り付けられているシラブルを前後のシラブルと置き換えることができます。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックして楽譜上に戻ります。〔右〕を選択している場合、右へずらしたい最初のシラブルが割り付けられている五線上をクリックします。〔左〕を選択している場合、左にずらしたい最初のシラブルの直前の音符をクリックします。〔キャンセル〕をクリックすると楽譜上に戻ります。この場合、五線をクリックしても歌詞は移動されません。

関連トピック:

歌詞関連

歌詞ツール

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標