MIDIファイル出力オプション ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

〔MIDIファイル出力オプション〕ダイアログボックスを表示する方法は2通りあります。Finaleで作業しているときと、FinaleでMIDIファイルを保存するときにこのダイアログボックスを表示できます。

  • 〔MIDI/Audio〕メニューの〔MIDIファイルオプション〕から〔MIDIファイル出力オプション〕を選択します。
  • 〔ファイル〕メニューから〔別名で保存〕を選択します。〔ファイル〕メニューから〔別名で保存〕を選択します。ファイル形式としてフォーマットとして〔スタンダードMIDIファイル〕を選択します。〔OK〕をクリックします。

【機能について】

Finaleでは1つのファイルを数種の形式で保存することができます。この、スタンダードMIDIファイルファイルに含まれる音楽情報を、他のアプリケーションでも読み込むことができるようにする汎用フォーマットで保存されたファイルを指します。例えば、任意のシーケンサープログラムで作成された楽曲をMIDIファイルとして保存し、Finaleで開いて楽譜にすることができます。として知られているファイルフォーマットでは、作成したファイルを他の音楽プログラム(主にシーケンサー)と共有して使用することができます。

このダイアログボックスでは、どんな種類のMIDIファイルを作成したいかを指定することができます。ほとんどのシーケンサーはどちらのフォーマットで保存しても読み込むことができます。

また、〔MIDIファイル出力オプション〕ダイアログボックスで、MIDIファイルを作成する時にFinaleファイル上で設定した付箋をマーカーとして保存することができます。

  • MIDIファイル形式:フォーマット1 このボタンをクリックするとフォーマット1のMIDIファイルが作成されます。このフォーマットは現在最も広く使用されている形式で、ファイル中に複数のトラックを含む形式です。Finaleファイル上のすべての楽器がそれぞれ個別のトラックに配置され、それぞれの五線のそれぞれの項目に(レイヤー1から4、コードや発想記号など)独自の楽器を割り当てることができます。楽器に関しての詳しい説明についてはスコア・マネージャーをご参照ください。
  • MIDIファイル形式:フォーマット0 このMIDIファイルフォーマットでは、すべてが1つのトラックに変換され、MIDIチャンネルのみを分けます。ただしFinaleでは、異なった楽器が割り当てられている五線だけに、異なったMIDIチャンネルを割り当てることができます。そのため、このファイル・フォーマットを使用する際には、必要なすべての項目(レイヤー1から4、コードや発想記号など)に異なった楽器とMIDIチャンネルが割り当てられているようにしてください。
  • MIDIファイル形式:テンポマップ シーケンサー・プログラムの中には楽曲のテンポマップを外部から取り込むことができるものもあります。このボタンをクリックすると、テンポマップMIDIファイルが作成され、リタルダンド、アッチェレランドなど各種の楽曲中のテンポの変動をFinaleから他のアプリケーションへ渡すことができます。
  • 付箋をマーカーとして保存 Finaleファイルの付箋ページ上(ページ表示)または小節上(スクロール表示)の特定位置を付箋として設定すると、保存して呼び出すことができます。をシーケンサーのマーカーに変換するかどうかを指定します。
  • ファイルを別名で保存するときには表示しない 現在のMIDIファイル出力オプションの設定を、このまま次回FinaleでMIDIファイルを保存する時に使用するときは、このオプションを選択してください。そうすると、このダイアログボックスは〔MIDIファイル出力オプション〕を選択した時だけ表示され、MIDIファイルを保存する時に〔MIDIファイル出力オプション〕ダイアログボックスは表示されません。MIDIファイルを保存する時に〔MIDIファイル出力オプション〕ダイアログボックスを表示させたい時は、このチェックボックスの選択を外してください。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックすると設定内容が確定されます。〔キャンセル〕をクリックすると、MIDIファイルを作成せずにダイアログボックスを閉じます。

関連トピック:

MIDI

スコア・マネージャー

MIDI/Audioメニュー

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標