MIDIスルー変換表ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 〔MIDI/Audio〕メニューの〔デバイスのセットアップ〕から〔MIDIスルー〕を選択します。
  2. 〔変換表を使用〕を選択し、続いて〔編集〕をクリックします。

【機能について】

例えば、MIDIコントローラーから何かを演奏し、そのMIDI信号をコンピュータを素通りさせてもう1つのMIDIキーボードに送ることができます。このようにして音を発音させる仕組みのことを「MIDIスルー」と呼びます。このダイアログボックスでは、MIDIコントローラーからの信号を他のMIDI機器へ送る際にどのチャンネルノートオン、ノートオフ、コントローラー情報、パッチデータなどのMIDI情報を送受信するのに使われるMIDIチャンネルです。へ割り当てるのかをチャンネルごとに個別に指定することができます。

  • 1~128 左側の固定された数字は、受信するMIDI信号のチャンネルを示しています。音を発生させたい出力チャンネルの数字をテキストボックスに入力します。デフォルトでは入力出力にそれぞれ同じ番号が設定されています。
  • リセット このボタンをクリックすると、すべて設定を元の同じチャンネルごとの割り当てに戻します。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックするとMIDIスルーの設定を確定し、〔キャンセル〕をクリックするとダイアログボックスに加えられた変更を無効にして、〔MIDIスルー〕ダイアログボックスに戻ります。

関連トピック:

MIDI/Audioメニュー

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標