拍子記号に従って再連結ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 選択ツールiconを選択して、小節範囲を選択します。
  2. 〔ユーティリティ〕メニューの〔連桁の再連結〕から〔指定する拍子に従って再連結〕を選択します。

【機能について】

通常は、拍子記号に応じて8分音符(またはそれ以下の音価)には連桁が作成されます。例えば、4つの8分音符を2分音符の長さのグループになるように連桁でまとめます。音符の入力の際に連桁の種類を指定できます。

すでに入力された音符の連桁を変更する場合は、このダイアログボックスを使用して拍子記号に応じた正しい連桁に設定できます。また3/4拍子で8分音符3つずつに連結させるといったような特殊な連桁も指定可能です。

新規の連桁の種類を適用する基本リズムをこのウインドウで指定します。6つの8分音符(連桁なし)や、2つの付点4分音符(3つずつのグループ)などを指定することができます。

  • 混合拍子 このボタンをクリックすると、〔混合拍子記号〕ダイアログボックスが表示され、不均等な連桁のグループ(例えば、3つの8分音符を3つずつ表示、など)を作成することができます。詳しくは混合拍子記号ダイアログボックスをご参照ください。
  • 1小節の拍数 このスクロールバーを使用して、新規連桁グループの1小節内の数を指定します。
  • 拍の音符の種類 このスクロールバーを使用して、新規連桁グループ1つ分の音価を指定します。
  • OK・キャンセル  〔OK〕をクリックすると楽譜上に戻り、選択範囲に指定した連桁を適用します。〔キャンセル〕をクリックすると連桁の適用をおこないません。

関連トピック:

歌詞に従って再連結ダイアログボックス

ユーティリティメニュー

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標