特殊な符頭ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 1本の五線全に特殊な符頭(またはAlphaNotes)を割り当てるには、テンポ・ツールiconを選択して、目的の五線をダブルクリックします。(楽譜スタイルに特殊な符頭(またはAlphaNotes)を割り当てる場合は、〔五線〕メニューから〔楽譜スタイルの定義〕を選択します。)
  2. 〔特殊な符頭〕を選択して、〔設定〕をクリックします。

【機能について】

特定の符頭を×形や菱形などの特殊な符頭にするのは、〔道具箱〕ツールを使用して簡単におこなえますが、場合によっては同じピッチの音符はすべて同じ種類の符頭を使用したいケースもあるかと思います。例えばドラム・パートや特殊符頭を使用する聖歌などでこういった表記を使用します。このダイアログボックスでは、特定のピッチの音符に異なる符頭を割り当てるだけでなく、それぞれの音価に対しても異なる符頭を割り当てることができます。符頭にスラッシュを使ってリズムパートを作成している場合も、この機能を応用できます。

  • 符頭の指定:倍全音符・全音符・2分音符・4分音符 このドロップダウン メニューから、変更したい符頭の種類を選択します。通常の表記法では、倍全音符には、全音符には、2分音符には、4分音符(およびそれ以下の音価)にはがそれぞれ使用されます。ここで選択した音価に対して、それぞれのピッチごとに異なる符頭を割り当てることができます。
  • 音程の選択:___[選択用の矢印]・音名で指定 数値を直接入力するか矢印ボタンを使用して、符頭を変更したいピッチを選択します。例えばハ調ですべてのG音に対して×形符頭を使用した場合、G音はハ調ではルートから5度の音なので、テキストボックスに「5」と入力します。代わりの方法として、〔音名で指定〕から音名を選択することもできます。このドロップダウン メニューから音名を選択し、その音名に割り当てる符頭キャラクタを選択します。特にFinale AlphaNotesフォントを使用する場合、ここで音名に符頭を割り当てると便利です。
  • 使用するキャラクタ_・選択 このテキストボックスには、符頭に使用されるキャラクタがシステムフォントで表示されます。Kousakuフォントで“×”を選択して入力しても、×の符頭そのものがテキストボックスに表示されるわけではありません。

    指定したい記譜用キャラクタに該当する文字や記号を手入力する代わりに〔指定〕をクリックすると、記譜用フォントで使用されるすべてのキャラクタのパレットが表示されますので、変更後の符頭として使用したいキャラクタをダブルクリックして選択してください。〔ファイル別オプション〕ダイアログボックスに戻り、選択したキャラクタが〔使用するキャラクタ〕テキストボックスにシステムフォントで自動的に入力されていることが確認できます。

  • 特殊な符頭を使用 このチェックボックスは、〔ファイル別オプション〕の〔音符/休符〕からこの項目を呼び出している際に表示されます。この設定により、楽譜上の音符の符頭にはここで選択したキャラクタが使用されます。チェックボックスのチェックを外すと通常の符頭に戻ります。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックする(またはENTERキーを押す)と設定内容を確定し、〔キャンセル〕をクリックすると設定内容を破棄してダイアログボックスを閉じます。

関連トピック:

楽譜スタイル

五線の属性ダイアログボックス

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標