グラフィック属性ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. ウィンドウメニューから上級者用ツール・パレットを選択。グラフィック・ツールiconを選択します。メニューバーに〔グラフィック〕メニューが表示されます。
  2. グラフィックをクリックして選択してから〔グラフィック〕メニューから〔属性〕を選択するか、そのグラフィックをダブルクリックします。

【機能について】

〔グラフィック属性〕ダイアログボックスにより、楽譜上のグラフィックの位置、グラフィックが表示されるページの範囲の設定、グラフィックを小節に割り付ける(この場合、選択した小節を含むページにのみ表示されます)場合やページに割り付ける(この場合、1つまたは複数のページに表示されます)場合などの諸設定をおこなうことができます。あるグラフィックが複数のページに配置されている場合、〔グラフィック属性〕ダイアログボックスの設定を変更すると、すべてのページに配置されている同じグラフィックに影響を与えます。

ヘッダやフッタを使用している場合、通常は各ページに同じ設定をおこなうのに対して、見開きの左ページや右ページのそれぞれについて、個別にページ端やページマージンからの距離を指定したい場合があります。このような場合は、〔右ページの揃えと配置〕を設定することにより、簡単に配置させることができます。

  • 外部ファイルとして分離 〔外部ファイルとして分離〕にチェックを付けると、楽譜ファイルにグラフィックを埋め込むのでなく、ハードディスクの別の場所に保存されたグラフィックとして指定します。いったんファイルに埋め込んだグラフィックを〔グラフィック属性〕または〔グラフィックのチェック〕の各ダイアログボックスで〔外部ファイルとして分離〕に変更すると、〔保存〕ダイアログボックスが現れ、リンク先画像を指定できます。また、リンク先グラフィックが認識されていれば、〔外部ファイルとして分離〕を〔埋め込み〕に変更できます。〔外部ファイルとして分離〕チェックボックスの下に、グラフィックの元のパス(楽譜に配置したときの保存場所)が表示されます。〔グラフィックの選択〕をクリックすると、参照先グラフィックのパスを変更できます。リンク先ファイルを移動したためにファイルのリンクが切れているとき、この機能を使うと便利です(この設定は、Finaleを再起動した後も有効です)。
  • ファイル形式・高さ・幅 ダイアログボックスの一番上には、割り付けられているグラフィックのフォーマット(EPS、TIFF、WMFPICT)、画像ファイルの位置に関する情報が表示されます。
  • ページ:シングルページ・すべてのページ・適用するページ範囲・左ページ・右ページ・_から_ 〔ページ〕をクリックすると、グラフィックをページに対して割り付けて、そのページのみあるいは複数のページに表示することができます。グラフィックの表示範囲をドロップダウン メニューから選択します。選択肢は、シングルページ(1ページ)、すべてのページ、適用するページ範囲、左ページ(偶数ページ)または右ページ(奇数ページ)です。必要な場合は、2つのテキストボックスに表示したいページの範囲を入力します(例えば、〔左ページ〕を選択して「6」から「10」と入力すると、グラフィックは6ページから-10ページ間の左ページにのみ表示されます)。グラフィックを1ページにのみ表示したい場合は、〔シングルページ〕を選択して、最初のテキストボックスにページ番号を指定します。グラフィックを1ページ目から最後のページまでのすべてに表示したい場合は、〔すべてのページ〕を選択します。グラフィックを6ページ目以降の各ページに表示したい場合は、〔適用するページ範囲〕を選択してから、最初のテキストボックスには「6」、2番目のテキストボックスには「0」を入力するか空白のままにしておきます。

    小節に割り付けられたグラフィックは、その小節が含まれるページにしか表示されませんので、ページに関するオプションは、〔ページ〕が選択されている場合にのみ使用することができます。

  • 割り付け先:小節・[五線名一覧] 小節に対してグラフィックを割り付けるには、〔小節〕をクリックして選択します。〔小節〕のテキストボックスにグラフィックを割り付ける小節番号を入力します。五線名のドロップダウン メニューから、グラフィックの割り付け先の五線を選択します。グラフィックはここで選択された五線の小節に割り付けられます。小節に割り付けられたグラフィックは、その小節を含むページを〔ページ表示〕で表示した場合のみ表示されます。小節が移動した場合は、その小節に割り付けられたグラフィックもそれに伴って移動します。

    ページに割り付けられたグラフィックを小節に割り付け直すと(あるいはその逆の場合も)、〔縦〕、〔横〕の値は、ゼロにリセットされます。また、〔小節〕、〔ページ〕の表示も「1」に設定されます。(〔ページ表示〕の場合は、現在のページ番号に設定されます。)

  • 位置合わせと配置:水平位置:左揃え・中央揃え・右揃え;垂直位置:上揃え(ヘッダ)・中央揃え・下揃え(フッタ);位置合わせの基準:ページマージン・ページの端;横・縦 〔水平位置〕ドロップダウン メニューを使用すると、ページに割り付けられたグラフィックを、左右のページ端やページマージンに揃えて配置したり、左右のページ端やページマージンの中央に配置することができます。グラフィックは、〔位置合わせの基準〕メニューの設定により、ページの端、マージンに対して水平方向の配置が調整されます。水平方向の配置を変更すると〔横〕の値は、自動的にゼロにリセットされます。
    • 〔垂直位置〕ドロップダウン メニューを使用すると、ページに割り付けられたグラフィックの垂直方向の配置を調整できます。グラフィックをページの上下の端やページマージンから離して配置したい場合は、ドロップダウン メニューから、〔上揃え(ヘッダ)〕や〔下揃え(フッタ)〕を選択して設定をおこないます。ページの上下の端の中央に配置したい場合は、〔中央揃え〕を選択します。グラフィックは、〔位置合わせの基準〕ポップアップメニューの設定により、ページの端、マージンに対して垂直方向の配置が調整されます。垂直方向の配置を変更すると〔縦〕の値は、自動的にゼロにリセットされます。
    • 〔位置合わせの基準〕ドロップダウン メニューでは、ページに割り付けられたグラフィックを配置する際に、ページの端かページマージンのどちらを基準にするかを選択できます。〔ページマージン〕を選択した場合は、ページマージンを基準に配置されます。〔ページの端〕を選択した場合は、ページ端を基準に配置されます。これらの選択によりグラフィックは再配置されますが、〔縦〕と〔横〕の設定は、リセットされません。

      〔水平位置〕、〔垂直位置〕、〔位置合わせの基準〕オプションは、ページに割り付けられたグラフィック(〔ページ〕が選択されている場合)にのみ有効です。

    • 〔縦〕〔横〕の値の設定により、ページや小節に割り付けられたグラフィックの配置を上下左右に変更することができます。小節に割り付けられたグラフィック(〔小節〕を選択)の場合は、その小節の左上の部分を基準として、〔縦〕、〔横〕の値を設定します。ページに割り付けられたグラフィック(〔ページ〕を選択)の場合は、〔位置合わせと配置〕欄で設定された内容を基準として、〔縦〕、〔横〕の値を設定します。いずれの場合にも、〔横〕の設定は、水平方向の配置に影響を与えます。正の値を入力した場合は右方向へ、負の値を入力した場合は左方向へグラフィックが移動します。〔縦〕の設定は、垂直方向の配置に影響を与えます。正の値を入力した場合は上方へ、負の値を入力した場合は下方へグラフィックが移動します。

      〔位置合わせと配置〕欄の〔縦〕、〔横〕の設定は、小節とページのどちらに割り付けられたグラフィックでも利用することができます。

  • 拡大縮小率:横・縦・パーセント固定 これらの値を設定することにより、楽譜上のグラフィックのサイズを正確に設定することができます。〔縦〕、〔横〕のボックスにパーセント数を入力することにより、オリジナルのグラフィックに対する比率を調整します。グラフィックの縦横比を保ったまま、拡大縮小をおこないたい場合は、〔縦〕、〔横〕のボックスにそれぞれ同じ値を入力してください。両方のボックスに「100」と入力すれば、グラフィックはオリジナルと同じ(100%)に、「50」と入力すればオリジナルの半分(50%)の大きさで表示されることになります。パーセント数を大きくするほどグラフィックは大きくなり、小さくするほどグラフィックは小さくなります。

    〔パーセント固定〕にチェックを入れれば、〔サイズ〕ツールにより楽譜のページのサイズが変更された場合でも、グラフィックのサイズは固定されます。

  • 右ページの揃えと配置:右ページの配置を使用;水平位置:左揃え・中央揃え・右揃え;横・縦 グラフィックを左(偶数)と右(奇数)のページで別々に配置したい場合は、〔右ページの配置を使用〕を選択します。このオプションを選択すれば、右ページ用に、水平方向の調節や〔縦〕、〔横〕ボックスの設定を独立しておこなうことができます。この場合、〔位置合わせと配置〕欄における設定は楽譜の左ページへ、〔右ページの揃えと配置〕欄での設定は右ページに適用されます。

    〔右ページの配置を使用〕が選択されている場合、〔水平位置〕ドロップダウン メニューで右ページに配置されているグラフィックの水平方向の配置の調整がおこなえます。このドロップダウン メニューの各設定の効果は〔位置合わせと配置〕のものと同じですが、指定内容は右ページにのみ適用されます。

    〔右ページの配置を使用〕が選択されている場合、〔縦〕〔横〕のボックスへ数値を入力することにより、右ページに配置されているグラフィックの位置を微調整することができます。このテキストブロックに入力した内容の効果も〔位置合わせと配置〕のものと同じですが、指定内容は右ページのみに適用されます。

  • OK・キャンセル 〔キャンセル〕をクリックするとグラフィックの配置を変更せずにダイアログボックスを閉じます。〔OK〕をクリックすると、設定内容が確定します。

ヒント: このような場合は、〔右ページの揃えと配置〕を設定することにより、簡単に配置させることができます。

関連トピック:

グラフィック

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標