反復小節線の機能設定ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 〔反復記号〕ツールをクリックします。
  2. 任意の小節をダブルクリックし、終了反復小節線アイコンか1番括弧アイコンをダブルクリックします。終了反復小節線がすでに楽譜上にある場合は、そのハンドルをダブルクリックするか、ハンドルを右クリックして〔反復記号機能設定の編集〕を選択します。

【機能について】

〔反復記号の選択〕ダイアログボックスの中央の2つの反復記号アイコン(終了反復小節線と1番括弧)は、見た目だけでなく楽譜のプレイバック時に実際に反復小節線として機能させることができます。このダイアログボックスでは、どのようにプレイバックを反復させるかを指定することができます。

  • この小節を_回演奏する このオプションを選択した場合は、この反復セクションを何回演奏するかを右のボックスに入力します。開始反復小節線1つと終了反復小節線1つから成る標準の反復記号(括弧なし)の場合は2回演奏するので、初期値は「2」になっています。
  • _回通過したら飛ぶ このオプションを選択した場合は、何回到達したら指定の飛び越し先に飛ぶかを入力します。コンマで数字を区切ると複数回を指定でき、ハイフンで数値の範囲を指定できます。例えば、「2,4」と入力すると、2回目と4回目、「2-4」と入力すると、2回目、3回目、4回目が指定されます。
  • 実行後にカウンターをリセット このボックスにチェックを付けた状態で、選択範囲の〔_回通過したら飛ぶ〕か〔この小節を_回演奏する〕で指定した回数だけ処理が実行されると、“カウンタ”が0にリセットされ、選択範囲の演奏回数を再び0からカウントします。このオプションは、繰り返し処理を入れ子状にする際に、大きな繰り返し領域の中にさらに繰り返し設定が必要なときに使用します。
  • つねに飛ぶ このオプションを選択した場合、反復小節線に到達すると必ず飛び越し先に飛びます。
  • 飛び越し先 ドロップダウン メニューから〔一番手前の開始反復小節線〕を選択すると、現在選択している小節より手前に作成されている中で最も近い反復小節線に飛び越します。手前に反復小節線がひとつも作成されていない場合は、先頭に戻ります。〔指定小節〕を選択した場合は、飛び越し先の小節番号をボックスに入力します。〔戻る(小節数を指定)〕を選択した場合は、その反復小節線の何小節前に飛び越すかを指定します。
  • 表示・すべての五線・最上段の五線のみ 〔すべての五線〕を選択すると、反復記号括弧がすべての五線に表示されます。〔最上段の五線のみ〕を選択すると、複数五線があるうちの最上段の五線にのみ反復記号括弧が表示されます。
  • 五線別表示リスト・新規五線リスト・[定義済みの五線別表示リスト]・編集 〔新規五線リスト〕を選択すると〔五線別表示リスト〕ダイアログボックスが表示され、どの五線に文字反復記号を表示させるかを指定できます。作成済みの五線別表示リストを選択する場合は、ドロップダウン メニューから使用したいリストの名称を選択します。選択した五線別表示リストを編集するには、〔編集〕をクリックして、〔五線別表示リスト〕ダイアログボックスで編集します。
  • 反復記号括弧の五線別の編集を可能にする 括弧付きの反復小節線を選択した場合、すべての五線に反復記号括弧が表示されます。このオプションを選択すると、それらの反復記号括弧を五線ごとに個別に移動/変形させることができます。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックするとダイアログボックスの設定内容が確定して、(まだ作成されていない場合は)反復小節線が楽譜上に表示されます。〔キャンセル〕をクリックすると、設定の変更内容を破棄して楽譜上にもどります。反復小節線は作成されません(既存の反復小節線を編集していた場合は、何も変更されません)。

関連トピック:

反復記号

反復記号ツール

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標