文字反復記号の作成ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 反復記号ツールiconを選択して、小節をダブルクリックします。〔反復記号の選択〕ダイアログボックスが表示されます。
  2. 〔作成〕をクリックします。楽譜上にすでに文字反復記号を配置している場合は、そのハンドルをダブルクリックすると、このダイアログボックスが表示されます。

【機能について】

このダイアログボックスは、“To Coda”“D.S.al Coda”や“D.C.”のような文字反復記号を作成します。文字反復記号として表示するテキストや、それに使用するフォント、文字揃えなどを指定します。セットアップ・ウィザード、テンプレート、またはデフォルトの新規ファイルを使って楽譜作成を始めた場合、すでに反復記号を使用できる状態になっています。作業中のファイルに文字反復記号が1つも作成されていない場合でも、Finaleに付属の文字反復記号ライブラリ(Text Repeats.lib)にある定義済みの文字反復記号を使用できます。ここでは、(フォントや文字揃えなどの)文字反復記号の外観のみを定義します。プレイバック機能を定義するには、〔文字反復記号の機能設定〕ダイアログボックスを使います。

  • 反復記号の文字 このテキストボックスに反復記号として文字を入力します。テキストボックス内の文字はシステムフォントで表示されますので、選択したフォントとは異なるキャラクタで表記されることもあります。
  • フォント指定 このボタンをクリックすると〔フォント〕ダイアログボックスが開き、作成した文字反復記号のフォントを設定できます。
  • 代用記号(#) の置き換え:指定演奏回数・飛び越し先の文字反復記号ID・飛び越し先の小節番号 〔反復記号の文字〕テキストボックスに#記号を入力すると、〔文字反復記号の機能設定〕ダイアログボックスで指定した)演奏回数、飛び越し先の文字反復記号ID、または飛び越し先の小節番号が代入されます。楽譜上で文字反復記号を表示すると、#記号でなく実際の数値が表示されます。例えば、「to Coda #th time only」という文字反復記号を作成すると、その記号が楽譜上に配置された時に、(〔文字反復記号の機能設定〕ダイアログボックスの〔この小節を_回演奏する〕テキストボックスに指定された値を代入して)「to Coda 4th time only」のように表示されます。
  • テキストと同じフォントを使用 このオプションは、〔代用記号(#) の置き換え〕を〔飛び越し先の文字反復記号ID〕に設定した場合のみ使用できます。このオプションを選択すると、文字反復記号全体が、〔フォント指定〕ボタンをクリックして選択したフォントで表示されます。このオプションを選択しなければ、〔フォント指定〕ボタンをクリックして選択したフォントにかかわらず、文字反復記号IDは独自のフォントで表示されます。
  • 枠で囲む・編集 文字反復記号を枠で囲む場合は、ドロップダウン メニューから図形を選択してください。〔編集〕をクリックすると〔囲み図形作成〕ダイアログボックスが開き、現在選択している図形の線幅、角の丸み、幅などを変更できます。
  • 文字揃え:左揃え・右揃え・中央揃え いずれかのオプションをクリックすると、それぞれ小節の左側、小節の右側、または小節の中央に合わせて記号が配置されます。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックする(またはENTERを押す)と、文字反復記号の設定が確定します。〔反復記号の選択〕ダイアログボックスのリストには、新規作成した文字反復記号が表示されます。〔キャンセル〕をクリックすると、文字反復記号の作成、編集を無効にして〔反復記号の選択〕ダイアログボックス(または楽譜上)に戻ります。

関連トピック:

反復記号(小節線とテキスト指示)

文字反復記号の機能設定ダイアログボックス

反復記号の選択ダイアログボックス

反復記号ツール

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標