Repeatマーカー ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

このダイアログボックスを表示する方法は2通りあります。マーカーを新規作成するときと、既存のマーカーを編集するときで、ダイアログボックスの表示方法が異なります。

  1. 〔ユーティリティ〕メニューから〔SmartMusicマーカーの追加〕を選択します。
  2. 左のマーカーリストから〔Repeats〕を選択して〔追加〕をクリックします。

または、

  • マーカーウィンドウにすでに〔Repeats〕マーカーが追加されていれば、選択して〔編集〕をクリックします。

〔SmartMusicマーカーの追加〕ダイアログボックスに〔Repeatマーカーの作成/更新〕ボタンがあります。このボタンをクリックすると、楽譜全体の中から反復マーカーが検索されます。この操作をおこなうと、検索された反復マーカーに対して必要に応じて設定を変更するだけで済みます。

【機能について】

このダイアログボックスでは、追加/編集中の反復マーカーに小節を割り当て、反復マーカーの種類を指定します。

  • リハーサルマーク・小節  反復マーカーを置く位置として、リハーサルマークを選択するか小節を指定します。
  • 反復タイプ 反復マーカーの種類をドロップダウン メニューから選択します。
  • 反復の回数  反復マーカーの演奏順の番号を指定します。例えば、対象箇所が(反復マーカーの種類によらず)楽譜の2番目の反復セクションにある場合は、このボックスに「2」を入力します。
  • 通過回数  追加/編集中の反復マーカーに適用する通過回数を入力します。例えば、2番目に通過する反復マーカーで、D.S. al Codaに対してTo Coda記号を定義する場合には、このボックスに「2」を入力します。
  • 有効となる通過回数  追加/編集中の反復マーカーに適用する通過回数を指定できます。ここでは、絶対的な通過回数を指定します。楽譜内の反復範囲の中にさらに入れ子状の反復範囲がある場合のみ、〔通過回数〕とは異なる値になります。
  • OK・キャンセル  〔OK〕をクリックすると設定内容が確定されます。〔キャンセル〕をクリックすると設定内容は破棄されます。

関連トピック:

反復記号(小節線とテキスト指示)

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標