ステップ入力連符定義ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

〔ステップ入力連符定義〕ダイアログボックスを表示する方法は2通りあります。通常の音符を連符に変更するときと、連符を新規作成して入力するときとでダイアログボックスの表示方法が異なります。

通常の音符を連符に変更する場合:

  1. ステップ入力ツールiconを選択します。
  2. 〔ステップ入力〕パレットから〔連符〕ツールを選択します。
  3. 連符に変換する先頭の音符をShift+クリックします。

連符を新規作成する場合:

  1. ステップ入力ツールiconを選択します。
  2. 〔連符〕ツールを選択します。
  3. 目的の音価の音符ツールを選択します。
  4. 連符を入力する小節をShift+クリックします。

【機能について】

このダイアログボックスでは、例えば、4分音符の中でいくつ8分音符を演奏するか、といった連符の音価的な内容を定義します。3連符だけでなく、どんなに複雑な連符でも作成できます。連符に関してさらに詳しい設定をおこないたい場合は、連符ツールをご参照ください。

連符の外観に関する項目は、あらかじめ設定しておくことができますので、例えば、連符の作成と同時に囲み括弧の形や位置をきれいに整えることができます。このような初期設定をおこなうには、〔連符〕ツールのアイコンをCtrl+クリックしてください(ステップ入力パレットの連符ツールではなく、メイン・ツール・パレットにある方です)。〔ファイル別オプション_連符〕ダイアログボックスが表示されますので、連符の外観に関する設定をおこなってください(詳しくはファイル別オプション-連符をご参照ください)。

  • _ __個の音符を_ __個分に入れる:2分音符・付点4分音符・4分音符(その他) ドロップダウン メニューから「どの音価の音符」を使用するかを選択し、2つのテキストボックスに「いくつ音符を入れるか」を入力して、(これから作成する)連符の音価的な定義を設定してください。
  • ステップ入力連符の初期設定として保存 このボックスにチェックを入れると、連符の作成時に自動的に上記で設定された定義内容が適用されるようになります。例えば、延々と続く8分3連を入力する場合は、連符定義として「3つの8分音符を、8分音符2つ分に入れる」ように設定して、このボタンをチェックしておくとよいでしょう。特に、4分音符と8分音符の3連符(シャッフルの3連符)がたくさん出てくる場合には、非常に有効です。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックするかEnterキーを押すと、連符の定義が確定します。〔キャンセル〕をクリックすると、変更内容は破棄されます。楽譜上に戻ります。

関連トピック:

ステップ入力ツール

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標