拍数に関する警告/規定の拍数を越えています ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 高速ステップ入力ツールiconを選択します。メニューバーに〔高速ステップ〕メニューが表示されます。
  2. 〔高速ステップ〕メニューから〔余分な拍をチェックする〕を選択します。
  3. (まだ編集枠が表示されていなければ)小節をクリックして、拍子記号で定義されている拍数以上の音符を入力してください(例えば、4分の4拍子の小節に4分音符を5つ入力します)。ダイアログボックスがすぐに表示されない場合、〔高速ステップ〕メニューで〔次の小節へ移動〕のチェックマークを消します。画面をクリックするか、または0(ゼロ)キーを押すと、編集中のフレームフレームとは、音符や休符の情報を1小節単位でまとめたレイヤーです。つまり、各小節に最大で4つのフレームが存在します。が終了してこのダイアログボックスが表示されます。

【機能について】

このダイアログボックスは、小節内に規定の拍数を超える音符が入力されたことを警告し、余分な拍をどう処理するかを選択するよう要求します。〔高速ステップ〕メニューで〔次の小節に移動〕がチェックされている場合は、その小節に余分な拍を入力した時点ですぐにこのダイアログボックスが表示されますが、〔次の小節に移動〕がチェックされていない場合は、その小節の編集を終えて編集枠をでるまで、このダイアログボックスは表示されません。

  • そのまま放置する このオプションをクリックすると、超過した拍を元の位置に置いたままで編集枠を抜けます(例えば、拍子記号の拍数を超過しているカデンツァを作成している場合にこのオプションを選択します)。しかし、小節内の音符の位置を調整しないと、超過した拍は次の小節にはみ出したままになってしまいます。
  • 余分な拍を削除する 小節の最後からはみ出した音符または休符を削除したい場合は、このオプションをクリックします。
  • 余分な拍を次の小節へ送る 小節の最後から超過した分の音符または休符を次の小節に送りたい場合、このオプションをクリックします。この場合、必要に応じて最後の音符は小節線を超えてタイで結ばれます。
  • すべての小節の拍数が正しくなるまで余分な拍を次の小節へ送る 小節の拍数からはみ出た音符または休符を次の小節に送りたい場合は、このオプションをクリックします。もしそれにより、次の小節の拍がはみ出てしまった場合、同様に超過した分の音符を次の小節に送ります。以下同じ要領ですべての小節の拍数が正しくなるまで調整されます。このオプションを選択すると、拍子記号に従って、すべての小節の拍数が正しく調整されるまで、小節線が引き直され、音符は次の小節に送られます。
  • OK 〔OK〕をクリックすると、このダイアログボックスを終了し、ここで指定した方法で超過した拍を処理します。

関連トピック:

高速ステップ入力ツール

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標