リアル・プレイバック プラグイン

【このプラグインを使用するには】

  1. 選択ツールiconで範囲を選択します。
  2. 〔プラグイン〕メニューの〔TGツール〕から〔リアル・プレイバック〕を選択します。

【機能について】

この〔リアル・プレイバック〕プラグインを使用すると、選択された範囲内のグリッサンドやクレッシェンド、トリルなどの記譜を、実際のプレイバックに反映させることができます。このプラグインは、上記の記号類が実際に入力されてから実行する必要があります。プラグイン実行後に記譜内容を変更した場合は、もう一度プラグインを実行し直す必要があります。また、それらの音符自体が変更された場合にも、クレッシェンドを除いて、プラグインを再実行して更新する必要があります。

〔リアル・プレイ〕プラグインでは、次のような記譜について有効です。

記譜内容 プレイバック効果の作成方法
変形図形によるグリッサンド 連続的データによるピッチベンド(最大1オクターブ)
変形図形クレッシェンド 連続的データによるボリューム値の変更
変形図形によるトリル レイヤー4に非表示の音符を入力
アーティキュレーションによるトリル レイヤー4に非表示の音符を入力

〔リアル・プレイバック〕プラグインは、〔簡易トレモロ〕プラグインを使用したトレモロ表記には、プレイバック効果を与えませんのでご注意ください。

Human Playback機能は、プレイバック時に変形図形などの記号を解釈して演奏します。Human Playbackをご参照ください。MIDIプレイバック定義を変更した結果(このプラグインを使った変更など)を聞いて確認するには、あらかじめ〔プレイバック設定〕ダイアログボックスでHuman Playbackを〔使用しない〕に設定するか、〔リアル・プレイバック〕プラグインの一番上の項目〔Human Playbackより優先させる〕にチェックを付ける必要があります。

グリッサンド

  • グリッサンドをプレイバックする このボックスをチェックすると、変形図形で作成されたグリッサンド表記に対して、実際のプレイバック効果を与えることができます。グリッサンド効果は、連続的データのピッチベンドピッチベンドの情報を追加することにより実現します。ピッチ・ベンドをご参照ください。グリッサンド表記を正しくプレイバックさせるためには、のレンジを「12」に設定する必要があります。よって、プレイバックできるグリッサンドの最大音域は1オクターブとなります。
  • 4分音符分のベンド変化回数 グリッサンドのプレイバック効果には、連続的データにより、たくさんのピッチの変化が含まれます。このボックスに数値を入力することにより、4分音符あたりのピッチ変化の回数を指定することができます。

クレッシェンド

トリル/トレモロ

  • トリル/トレモロ このボックスをチェックすると、トリルやトレモロ表記に対するプレイバック効果を作成することができます。トリルは変形図形で作成されたトリル () か、アーティキュレーションのトリル でなくてはなりません。プレイバック用のトリル音は、レイヤー4に見えない音符として入力されます。ファイル別オプション-レイヤーもご参照ください。
  • 32分音符のトレモロは不定音価にする このボックスをチェックすると、3本のスラッシュで表記されるトレモロを、「音価を特定せずできるだけ速く演奏する」トレモロとして取り扱います。この下のオプションで設定される内容により、トリルの実際のプレイバックの速さが決まります。
  • トリル/不定音価のトレモロの速度(4分音符分の回数) 不定音価として演奏されるトリルあるいはトレモロの、4分音符あたりの発音回数を入力してください。
  • トリルの立ち上がりの遅れ(音価に対する%) 不定音価として演奏されるトリルあるいはトレモロについて、実際に効果を適用させるタイミングを元の音価に対する遅れの割合として、パーセントで入力してください。この値を「0」に設定すると、トリル効果は音符が発音されると同時に現れます。
  • トリルの音程:音階準拠・半音・全音 〔音階準拠〕を選択すると、トリルは入力された音符とスケール上で2度上の音符との間でプレイバックされます。〔半音〕を選択すると、トリルは入力された音符とその半音上の音符との間でプレイバックされます。〔全音〕を選択すると、トリルは入力された音符とその全音上の音符との間でプレイバックされます。
  • MIDIツール・ウィンドウ内を演奏 〔演奏〕をクリックすると、選択範囲内がプレイバックされます。
  • 選択範囲のプレイバック効果を破棄 このボタンをクリックすると、選択範囲内のプレイバック効果が消去されます。

さらに...

  • HumanPlaybackより優先させる このボックスをチェックすると、〔プレイバック設定〕ダイアログボックスでHuman Playbackをオンにしていても、このダイアログボックスの設定が適用されます。
  • 適用・閉じる・デフォルト・さらに...・演奏 〔適用〕をクリックすると、設定した内容が適用されます。引き続き他の箇所に対しても設定できるように、ダイアログボックスは開いたままとなります。〔キャンセル〕をクリックすると、変更を加えずにダイアログボックスを閉じます。〔デフォルト〕をクリックすると、設定を初期設定に戻します。〔さらに...〕をクリックすると、TGツールの製品版の情報をご覧いただけます。〔演奏〕をクリックすると、変更内容を確定して〔リアル・プレイバック〕ダイアログボックスを閉じ、楽譜を演奏します。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標