タイの形ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 〔書類〕メニューから〔ファイル別オプション〕を選択し、〔タイ〕を選択します。
  2. 〔タイの形〕をクリックします。

【機能について】

このダイアログボックスを使用すると、楽譜中のすべてのタイの長さや弧の高さ、全体的な形などの設定を定義することができます。数値入力時に使用する計測単位を選択する場合は、〔編集〕メニューの〔計測単位〕から使用したい単位を選択してください。

Finaleでは、タイは短め、普通、長めなどの長さによって分類され、長さ別にそれぞれ形が設定されます。弧の高さは、〔タイの形〕ダイアログボックスの長さやその他の設定によって異なります。実際にタイを入力する際には、〔タイの形〕ダイアログボックスの〔弧の高さ〕を使用して弧の曲線が計算されます。弧の左右両側に別々の高さを設定できるため、弧を非常に細かく制御することができます。“高さ”の設定はタイの実際の高さではなく、タイの“コントロールポイント”である点にご注意ください。コントロールポイント(弧の設定に応じて)弧の曲線を計算するために使用されます。楽譜上にタイを配置する際には、通常タイの高さはコントロールポイントまでは達しません。湾曲の設定は、高さと長さの設定を組み合わせてタイの全体的な形を決定します。湾曲の設定は、タイの端の湾曲具合を制御します。

これらの設定を変更すると、楽譜上の既存のタイやこれから書き込むすべてのタイに変更内容が反映されます(タイごとに個別に設定することも可能です。タイの調整ダイアログボックスをご参照ください)。このダイアログボックスで使用するデフォルトの計測単位を設定するには、編集 > 計測単位を選択して目的の単位を選択します。

  • 長さ:短め・普通・長め 各テキストボックスに値を入力して、それぞれのタイプ(短め、普通、長め)の長さを指定します。Finaleはここで設定された値に基づいて、それぞれの長さのタイをコントロールします。
  • スタイル:短め・普通・長め・段頭 このドロップダウン メニューから、設定するタイのスタイル(=タイの長さ)を選択します。〔弧の高さ〕と〔湾曲度〕のそれぞれのボックスには、ドロップダウン メニューで選択したスタイルに応じた値が表示されます。
  • 段頭の形を使用 これは、旧バージョンのFinale との互換性を保つために用意されている項目です。このオプションは、Finale97以前のバージョンで作成されたファイルでは選択されていません。
  • 弧の高さ:左・右 〔弧の高さ〕はタイの実際の高さではなく、左右のコントロール・ポイント(Finaleが使用するタイの弧の上の便宜上のポイント)の高さです。水平位置の設定および弧の高さとカーブを計算するのに使われます。タイが描かれる時、弧はこのコントロール・ポイントに向かって描画されますが、実際にここで入力された値に到達することはありません。〔左〕および〔右〕テキストボックスに値を入力して、タイの左右のコントロールポイントの高さを指定します。大きい値は弧の高さを高くします。小さい値は弧の高さを低くします。
  • 湾曲度:左・右 〔湾曲度〕は、タイの端の湾曲具合を決定します。〔湾曲方式〕で〔パーセント〕を選択し、〔左〕および〔右〕テキストボックスに値を入力して、それぞれのスタイルに対してタイの左右の湾曲ポイントの位置を設定します。湾曲ポイントの位置はタイの長さに比例します。低い数値を指定すると、湾曲ポイントがタイの両端に近づき、湾曲のカーブがきつくなります。高い数値を指定すると、湾曲ポイントはタイの中央部へ近づき、湾曲は平らになります。すべての長さに同じ比率の湾曲を指定してカーブの度合いを同じにしたり、それぞれのスタイルに異なる比率を指定して外観を変えることが可能です。
  • 湾曲固定:左・右 〔湾曲方式〕で〔固定〕を選択した場合は、これらのテキストボックスに値を入力します。3種類の長さすべてに固定した湾曲度が適用されます。タイの長さに関係なく、タイの左右の湾曲ポイントの位置はつねにこの値で固定されます。低い数値を指定すると、湾曲ポイントがタイの両端に近づき、湾曲のカーブがきつくなります。高い数値を指定すると、湾曲ポイントはタイの中央部へ近づき、湾曲は平らになります。
  • 湾曲方式:パーセント・固定 ここでは、湾曲ポイントの位置の算定方法を指定します。〔パーセント〕をクリックすると、湾曲ポイントの左右の位置はタイの長さに比例します。このオプションを選択すると、それぞれのスタイルの〔湾曲度〕ボックスが有効になり、比率の入力が可能になります。〔固定〕をクリックすると、タイの長さに関係なく湾曲度が固定されます。このオプションを選択すると〔湾曲固定〕ボックスが有効になり、3種類の長さすべてに適用する固定値の入力が可能になります。
  • 短めと長めの間は中間値で精密に計算する クリックして選択します。このオプションを選択すると、短めと普通または普通と長めの長さの中間値が自動的に計算され、タイの高さはそれぞれに定義されている高さに比例した値になります。
  • 短めと長めの間は中間値で統一する クリックして選択します。このオプションを選択すると、指定された短めおよび長めの長さの中間値になるすべてのタイが、「普通」の長さのタイに定義されている高さに設定されます。このオプションを使用すると、タイの湾曲の高さをファイル内で統一することができます。
  • 五線との衝突を避ける・五線内のみ タイの弧の頂点が五線と重ならないように記入するには、〔五線との衝突を避ける〕を選択し、テキストボックスに五線とタイの間に最低限保ちたい距離を入力します。この機能を五線内のタイにのみ適用したい場合は、〔五線内のみ〕を選択します。

    楽譜上の既存のタイに関しては、〔タイの調整〕ダイアログボックスで〔五線上との衝突を避ける〕がチェックされているものにのみ、この設定が適用されます。詳しくはタイの調整ダイアログボックスをご参照ください。

  • タイの太さ:左・右・両端の太さ 〔左〕テキストボックスに値を入力して、タイの左側のカーブの太さを設定します。〔右〕テキストボックスに値を入力して、タイの右側のカーブの太さを設定します。値を大きくすると太くなり、小さくすると細くなります。〔両端の太さ〕は、スラー端部の曲線の太さを設定します。
  • OK・リセット・キャンセル 〔リセット〕をクリックするとすべての設定がFinaleの初期値に戻ります。〔キャンセル〕をクリックすると変更を保存せずに〔ファイル別オプション-タイ〕ダイアログボックスに戻ります。〔OK〕をクリックすると新しい設定を保存して〔ファイル別オプション-タイ〕ダイアログボックスに戻ります。

関連トピック:

タイの調整

編集メニュー

ファイル別オプション-タイ

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標