間隔指定ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 〔ファイル〕メニューから〔開く〕を選択し、ファイル形式として〔スタンダードMIDIファイル〕を選択します。
  2. 採譜したいMIDIファイルファイルに含まれる音楽情報を、他のアプリケーションでも読み込むことができるようにする汎用フォーマットで保存されたファイルを指します。例えば、任意のシーケンサープログラムで作成された楽曲をMIDIファイルとして保存し、Finaleで開いて楽譜にすることができます。名をダブルクリックします。
  3. 〔MIDIファイル入力オプション〕ダイアログボックス〔特殊な割り当て〕をクリックします。
  4. それぞれの情報の列をクリックして希望するトラックに対するトラックから五線への割り当てを定義します(トラック/チャンネルの割り当てダイアログボックスをご参照ください)。
  5. 設定が終了したら〔間隔指定〕をクリックします。

【機能について】

このダイアログボックスでは、MIDIファイルから変換されたFinaleのファイルでの五線と五線の間隔と、一番上の五線から上のマージンまでの距離を指定することができます。五線をクリックして〔五線への割り当て〕ダイアログボックスで変更することによって、五線ごとに距離の設定をおこなえます。

  • 一番上の五線の位置 このテキストボックスに数値を入力することにより、最初の五線の一番上の線からスクロール表示でのウインドウの一番上までの距離を指定することができます。
  • 五線同士の間隔 このテキストボックスに数値を入力することにより、特定の五線の一番上の線から次の五線の一番上の線までの距離を指定することができます。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックすると五線の配置設定を確定して〔トラック/チャンネルを五線へ割り当て〕ダイアログボックスに戻ります。この間隔の設定は〔間隔〕の欄に反映されます。〔キャンセル〕をクリックすると五線の配置設定の内容を破棄して〔トラック/チャンネルから五線への割り当て〕ダイアログボックスに戻ります。

関連トピック:

トラック/チャンネルの割り当てダイアログボックス

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標