トラック情報リスト ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 〔ファイル〕メニューから〔開く〕を選択し、ファイル形式として〔スタンダードMIDIファイル〕を選択します。
  2. 変換したいMIDIファイル名をダブルクリックします。
  3. 〔MIDIファイル入力オプション〕ダイアログボックスで〔特殊な割り当て〕をクリックします。
  4. 〔情報リスト〕をクリックします。

【機能について】

このダイアログボックスは、データの参照用に用意されています。変換されたMIDIファイルファイルに含まれる音楽情報を、他のアプリケーションでも読み込むことができるようにする汎用フォーマットで保存されたファイルを指します。例えば、任意のシーケンサープログラムで作成された楽曲をMIDIファイルとして保存し、Finaleで開いて楽譜にすることができます。トラックトラックとは、入力されたMIDIデータを人間が判別しやすいようにするための便宜上のグループ分けです。チャンネルは必ず定義する必要がありますが、トラックは必須ではありません。の、どのMIDIチャンネルにデータが含まれているかを確認することができます。

  • 調べるトラック このテキストボックスに情報を検索したいMIDIファイルのトラックの番号を入力ます。
  • ノートオン/オフ 〔情報提示〕ボタンをクリックすると、Finaleは音符が入力されているそれぞれのMIDIチャンネルにXを付けます(各チャンネルのノート・オンとノート・オフのデータが検索されます)。
  • コントローラー・パッチチェンジ・ピッチベンド 〔情報提示〕をクリックすると、FinaleはMIDIコントローラー(ペダル操作など)、パッチチェンジ、ピッチベンドなどの情報が入力されているそれぞれのMIDIチャンネルにXを付けます。
  • 情報提示 〔情報提示〕をクリックすると、Finaleは指定されたトラックの、4つのデータ・タイプのいずれかが記録されているそれぞれのMIDIチャンネルにXを付けます。これにより元のMIDIデータに影響を与えることはありません。これらの作業はトラックの内容を確認するためのものです。
  • 完了 このボタンをクリックすると、〔トラック/チャンネルから五線への割り当て〕ダイアログボックスに戻ります。

関連トピック:

MIDIファイル入力オプション ダイアログボックス

トラック/チャンネルから五線への割り当てダイアログボックス

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標