現在地: 機能マニュアル > ダイアログボックス > H > 隠された音符の処理ダイアログボックス

隠された音符の処理ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 〔環境設定-開く〕ダイアログボックス〔隠された音符のコンバート〕〔コンバートの度に尋ねる〕にチェックが付いていることを確認します。

    このオプションはデフォルトで選択されています。

  2. 最適化された五線(ページ表示モードでは非表示になる五線)に音符が含まれているファイルを開こうとすると、このダイアログボックスが表示されます。

【機能について】

最適化処理により隠された音符を強制的に表示するかどうかを選択します。組段の最適化とは、ページ表示時に、各組段に音符がまったく含まれていない五線を非表示にしてページ上のスペースを確保する作業のことです。この機能は以前のFinaleで使われていましたが、〔空の五線を隠す〕に代わりました。元ファイルの作成時に、プレイバック目的などで意図的に音符を隠していることがあるので、注意してください。五線を隠すをご参照ください。

  • 表示する 意図的に組段を最適化したのでなければ、このオプションを選択してください。隠された音符を含む五線がすべて表示されます。
  • 隠したまま 隠された音符を非表示のままにします。このオプションを選択した場合は、旧バージョンの組段の最適化機能により隠された五線に対して、楽譜スタイルが自動的に適用されます。このオプションを選択した状態で楽譜ファイルを開き、スクロール表示にすると、隠されていた小節が表示されます。スクロール表示にしてテンポ・ツールiconを選択すると、隠された小節の上に楽譜スタイルの明示部分が表示されます。楽譜スタイル名が表示されていなければ、〔五線〕メニューから〔楽譜スタイル名の表示〕を選択してください。自動的に隠された小節には、楽譜スタイル名「隠された五線(コンバート時に自動作成」が表示されます。
  • OK 〔OK〕をクリックすると、設定を適用して楽譜ファイルが開きます。

関連トピック:

楽譜スタイル

五線を隠す

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標