現在地: 機能マニュアル > メニュー > 高速ステップメニュー > 高速編集コマンドサブメニュー

高速編集コマンドサブメニュー

このサブメニューには、高速ステップ入力の各種コマンドとショートカットキーが収められています。メニューから各コマンドを選択して実行してください。また、ショートカットキーを確認する手段としても使用できます。これらのコマンドを使用するには、音符/休符を選択しておく必要があります。ショートカットキーについては、キーボードショートカットと特別なマウス操作の一覧をご参照ください。

  • 音符を追加する・音符を休符に変換する 音符を追加または削除します。
  • 音符・休符の削除 和音、音符、休符全体を削除します。
  • 音符・休符の表示/非表示 和音、音符、休符全体の表示/非表示を切り替えます。
  • 半音上げ・半音下げ 選択した音符の音程を半音上下させます。その音が同じ小節で後で現れる場合には、その音符に臨時記号が表示されます
  • 半音上げ(小節全体)・半音下げ(小節全体) 小節全体で音程を半音上下させます。
  • 臨時記号の表示/非表示 選択した音程の臨時記号の表示/非表示を切り替えます。
  • 臨時記号のロック/解除 臨時記号をロックまたは解除します。
  • 異名同音に変換する 選択した音符を異名同音に変換します。異名同音をご参照ください。
  • 異名同音に変換する(小節全体) 選択した音符を小節全体で異名同音に変換します。
  • 臨時記号の括弧の表示/非表示 選択した音符の臨時記号に括弧を表示します。
  • 符尾の向きを反転させる 選択した音符の符尾の向きを反転させます。

    連桁で連結された音符の符尾を反転させるには、そのグループの最初の音符を選択してください。

  • 符尾の向きをデフォルトの状態に戻す 符尾の向きをデフォルトに戻します。
  • 連桁の連結/解除 選択した音符とその前の音符(8分音符以下の場合)との間の連桁を連結または解除します。
  • 連桁を水平にする/戻す 選択している音符(8分以下)の連桁を音形に関わらず水平にします。
  • 次/前の音符とタイで結ぶ/解除 次または前の音符へ向かってタイを付けます。すでにタイが付いている場合は解除します。
  • 付点を追加する 現在選択している音符に付点を付けます。
  • 装飾音符へ変換/戻す 選択した音符を装飾音符に変換します。または装飾音符を通常の音符に戻します。
  • 装飾音符にスラッシュを付ける/外す このオプションが〔ファイル別オプション-装飾音符〕ダイアログボックスで選択されていない場合、選択した装飾音符にスラッシュを付けます。
  • 休符の統合 / 分離 他のレイヤーの同じ拍にある休符との間で、休符を統合または分離します。このコマンドは、〔ファイル別オプション-レイヤー〕ダイアログボックス〔異なるレイヤーの同じ休符を統合する〕を選択している場合のみ使用できます。デフォルトでは、異なるレイヤー間で休符が統合されます。このコマンドは以下の規則に従います。
    • 休符の統合:同じ拍にある同じ音価の休符を統合します。異なるレイヤーの同じ拍に発音する音符が1つでもある場合、休符は統合されません。統合された休符は、現在選択しているレイヤーとして表示されます。
    • 休符の分離:対象小節のすべてのレイヤーで、個々の休符が作成されます。休符の上下位置は、初期設定の位置に従って配置されます。
    • 休符の位置調整:ある休符の位置がすでに変更されている場合、異なるレイヤーの他の休符との統合はおこなわれません。統合後の休符は、五線の上下方向にセンタリングして配置されますが、他の休符と同様に手動で位置を変更できます。この位置変更は、すべてのレイヤーに反映されます。位置変更の方法には、高速ステップ入力編集枠での上下/左右のドラッグステップ入力時の矢印キーを使った上下移動〔音符配置〕ツールを使った移動、〔フレーム編集〕ダイアログボックスの〔位置〕欄の編集が含まれます。
    • 休符サイズ:ある休符のサイズがサイズ・ツールiconですでに変更されている場合、異なるレイヤーの他の休符との統合はおこなわれません。統合後の休符のサイズを〔サイズ〕ツールで変更した場合は、すべてのレイヤーでサイズが変更されます。
    • 休符を隠す:ある拍にある休符が非表示にされている場合、その拍にある他の休符との統合はおこなわれません。統合後の休符を非表示にした場合、すべてのレイヤーで休符が非表示になります。
    • 休符から音符への変更:(〔音符/休符の変換〕コマンドなどを使って)統合後の休符を音符に変更した場合、その音符は、選択中のレイヤーにのみ表示されます。統合されていた他のレイヤーの休符は、通常の(統合されていない)休符として表示されます。
  • 休符のロック/解除 このコマンドを選択すると、レイヤーを使用する際も休符の位置をロックまたは解除することができます。

関連トピック:

高速ステップ入力

高速ステップ入力ツール

異名同音

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標