プレイバックとクリック音ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. リアルタイム入力ツールiconを選択します。メニューバーに〔リアルタイム入力〕メニューが表示されます。
  2. 〔リアルタイム入力〕メニューの〔拍の設定〕サブメニューから〔プレイバックとクリック音〕を選択します。

【機能について】

〔プレイバックとクリック音〕ダイアログボックスでは、録音のテンポを設定したり、プレイバック開始信号を定義したり、あるいはレコーディング中に他の五線をプレイバックさせるかどうかを選択することができます。

  • MIDI入力のテンポ:プレイバックのテンポを適用・テンポを指定・実際に弾く プレイバックに割り当てられたテンポ(発想記号、プレイバック・コントローラーのテンポ設定を含む)と同じテンポで録音する場合は、〔プレイバックのテンポを適用〕を選択してください。Finaleは、ここで指定されたテンポを、リアルタイム入力のすべての録音モードで使用します。テンポをテキストボックスに入力するか、〔実際に弾く〕ボタンをクリックして〔テンポの決定〕ダイアログボックスを表示させて、MIDIキーボードなどからもしくはダイアログボックス内をマウスでクリックして、希望するテンポをタップしてください。Finaleは自動的にテンポを判断して数値を入力します。
  • 拍の単位・EDU 〔拍の単位〕のリストの中から、メトロノームに使用する拍と同じ音価の音符をクリックして選択します。パレットに表示されていない音価を使用したい場合はEDUで数値を指定してください。
  • 〔拍の設定〕サブメニューで〔タップ〕あるいは〔外部MIDIシンク〕が選択されている場合は、他の五線はプレイバックされません。

  • 録音開始の信号:なし(すぐに録音を開始する)・MIDIデータのいずれか・一般的なサスティーンペダル・特殊なサスティーンペダル・現在選択中のメトロノーム音・その他 小節をクリックしてすぐにレコーディングを開始したい場合は、〔なし(すぐに録音を開始する)〕を選択してください。一般的な(あるいは特殊な)サスティーンペダルを押した時、あるいは現在のメトロノーム音が弾かれた時など、いずれかのMIDIデータを受信するとレコーディングを開始するようにしたい場合は、他のオプションから1つを選択してください。このリストにない信号を開始信 号として定義したい場合は〔その他〕を選択します。すると、〔MIDI信号〕ダイアログボックスが表示され、MIDI信号を数値で指定することができます。
  • 〔録音開始の信号〕設定はレコーディング時(かつ〔プレイバックとクリック音〕が選択されている場合)にのみ使用されます。楽譜をプレイバックしている時には使用されません。

  • 録音時に他の五線を再生 レコーディング時に、すでに音符が入力されている他の五線をプレイバックさせたい場合は、この項目を選択します。この場合、〔拍の設定〕サブメニューで〔プレイバックとクリック〕が選択されていなければなりません。詳しくはスコア・マネージャーをご参照ください。
  • クリック音とカウントオフ このボタンをクリックすると〔クリック音とカウントオフ〕ダイアログボックスが表示され、メトロノーム音に関する設定ができます。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックすると、新しい設定が確定します。〔キャンセル〕をクリックすると、設定内容が破棄されます。楽譜上に戻ります。

関連トピック:

リアルタイム入力メニュー

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標