MIDIスルー ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

〔MIDI/Audio〕メニューの〔デバイスのセットアップ〕から〔MIDIスルー〕を選択します。

【機能について】

例えば、コントローラーであるキーボードから何かを演奏し、そのMIDI信号をコンピュータを素通りさせて別のMIDIシンセサイザーに送ることができます。このようにして音を発音させる仕組みのことを「MIDIスルー」と呼びます。上記の例のようにセットアップされている時、Finaleに入力されたMIDI信号を別のMIDIデバイスに送信するためには、Finale側でMIDIスルーがオンになっている必要があります。

この〔MIDIスルー〕ダイアログボックスを使って、Finaleを使用している時にMIDIスルーがどの様に動作するかを選択します。MIDIスルーをまったく無効にするか、すべてのチャンネルノートオン、ノートオフ、コントローラー情報、パッチデータなどのMIDI情報を送受信するのに使われるMIDIチャンネルです。を1つの固定されたチャンネルに配置する、MIDIスルーを自動判別させる(リアルタイム入力または高速ステップ入力で入力する場合)、それぞれのチャンネルを演奏されているチャンネルに直結させる、またはそれぞれの受信チャンネルから指定された送信チャンネルに配信するように設定されたチャンネルの変換表を設定する、などの選択肢が存在します。

  • 不使用 MIDIスルーを使用しない場合は、このオプションをクリックします。このオプションが選択されている時は、いかなるルーティングもおこなわれません。
  • チャンネル固定 すべての入力された信号を指定された1つのチャンネルに送信させるには、このオプションを選択します。すべてのチャンネルを接続したいチャンネルの番号を入力します。
  • 楽器リストに従う リアルタイム入力で入力する、または高速ステップ入力で編集する際に、五線に割り当てられたパッチでチャンネルをプレイバックする場合に、このオプションをクリックしてください。このオプションが選択されると、Finaleはスコア・マネージャーでどの五線にどの楽器の音が割り当てられているかを検索して、すべての入力信号をその楽器に対して定義されたチャンネルに引き渡します。ただし、リアルタイム入力で入力したり、ステップ入力または高速ステップ入力で編集するのでなく、単にMIDIデバイスを演奏した場合は、Finaleは最後に編集された五線のチャンネルを続けて使用します。
  • チャンネルを直結 このボタンをクリックすると、Finaleは送信チャンネルを演奏されている受信チャンネルに直接割り当てます(これは、MIDIスルー変換表をデフォルトの割り当てのまま使用するのと同じことを表し、出力チャンネルは入力チャンネルと同じになります)。
  • 変換表を使用・編集 このオプションをクリックすると、入力チャンネルを違った出力チャンネルごとに割り当てることができます。〔編集〕ボタンをクリックすると〔MIDIスルー変換表〕ダイアログボックスが表示され、それぞれのテキストボックスにチャンネル番号を入力して、入力チャンネルを割り当て直すことができます。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックするとMIDIスルーの設定を確定します。〔キャンセル〕をクリックすると変更内容を無効にします。MIDIスルーのいずれかのモードを選択した場合、〔MIDI〕メニューの〔MIDIスルー〕にチェックが表示されます。〔オフ〕を選択した場合、〔MIDIスルー〕にはチェックは表示されず、MIDIスルーが使用されていないことを表します。

関連トピック:

MIDI/Audioメニュー

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標