現在地: 機能マニュアル > ダイアログボックス > P > 五線名/グループ名の位置調整ダイアログボックス

五線名/グループ名の位置調整ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

正式/省略五線名または正式/省略グループ名の位置を楽譜全体で設定する場合(〔正式/省略五線名・正式/省略グループ名-初期設定〕ダイアログボックス):

  1. テンポ・ツールiconを選択します。メニューバーに〔五線〕メニューが表示されます。
  2. 〔五線〕メニューの〔五線名とグループ名のデフォルト位置調整〕から、4つのオプションのいずれかを選択します。

正式/省略五線名または正式/省略グループ名の位置を個別に設定する場合(〔正式/省略五線名・正式/省略グループ名〕ダイアログボックス):

  1. テンポ・ツールiconを選択します。メニューバーに〔五線〕メニューが表示されます。
  2. グループのハンドルを選択します。
  3. 〔五線〕メニューの〔五線名とグループ名の位置〕から、4つのオプションのいずれかを選択します。

または

  1. テンポ・ツールiconを選択します。メニューバーに〔五線〕メニューが表示されます。
  2. 〔五線〕メニューの〔グループ〕から〔属性の編集〕を選択します。〔グループ属性〕ダイアログボックスが表示されます。
  3. 〔正式グループ名〕もしくは〔省略グループ名〕の隣の〔表示位置〕をクリックします。

または

  • 五線かグループのハンドルをCTRL+Shiftクリックします。

変形線形テキストの位置を設定するには(〔変形線形テキストの位置調整〕ダイアログボックス)

  1. 変形図形ツールiconを選択します。〔変形図形〕メニューが表示されます。
  2. 〔変形図形〕メニューから〔変形図形オプション〕を選択します。
  3. 〔変形線形〕の隣の〔選択〕をクリックして、〔作成〕〔編集〕をクリックします。
  4. 〔テキスト〕の下の該当項目の隣の〔表示位置〕をクリックします。

【機能について】

これらのダイアログボックスを使用して五線名と五線の位置関係を、正式名・省略名にかかわらず、全体的にまたは個別に調節することが可能です。初期状態では、各グループ名は先頭五線(一番上の線)と最終五線(一番下の線)の間の中間に配置されています。横線はグループの中心を表します。

このダイアログボックスでは、五線名は初めに設定された(〔ファイル別オプション-フォント〕ダイアログボックスで設定された)フォントとスタイルに従って表示されます。表示範囲内でドラッグし五線名を自由に移動させて、位置を調節してください。Finaleでは五線名の最上部と五線の最も上の線からの垂直方向の距離を測定します。

  • [表示エリア] 五線と五線名が表示されている画面上で五線名をドラッグすると五線名と五線の位置を調整することができます。
  • 位置合わせ:左揃え・右揃え・中央揃え このドロップダウン メニューから五線名(もしくは複数の五線名)の配置方法を選択します。楽譜上に表示された五線名のハンドルが、その設定に応じて五線名の左/右/中央へと配置されます。〔位置合わせ〕を変更すると、Finaleは自動的に〔文字揃え〕ドロップダウンリストの設定も〔位置合わせ〕と同じになるように更新します。グループ名はほとんどの場合1行に収まるため、〔文字揃え〕(フレーム内のテキストの配置)と〔位置合わせ〕(位置調整とハンドル位置設定)は同じ設定で問題ありません。
  • 五線からの距離:横・縦 このテキストボックスへ数値入力を行い、五線名(もしくは複数の五線名)のハンドル位置を正確に調整することができます。その五線の左上端が〔横〕・〔縦〕の数値のそれぞれ0に相当するので、これらのテキストボックスへ入力される数値は通常マイナスの数字となります。
  • 文字揃え:左揃え・右揃え・中央揃え・均等揃え・強制両端揃え 通常はここの設定は〔位置合わせ〕の設定(左・右・中央)と一致させておきますが、Trumpet Ⅰ/Ⅱのように五線名が複数行になるときに、その行揃えを別途指定することができます。五線名(もしくは複数の五線名)をどのように調節したいのかをリストから選択します。五線名の周りの外枠の幅はもっとも長い行の長さを基準として決定されます。

    Finaleでは〔位置合わせ〕ドロップダウン メニューで違う項目を選択すると、〔文字揃え〕ドロップダウン メニューの設定が自動的に更新されので注意してください。

  • 文字間にスペース挿入 この機能は〔均等揃え〕コマンドとあわせて使用するもので、1つの単語しかない複数行の配置を設定します。〔均等揃え〕を選択した場合、グループ名は何も変化しません。理由は、どの行もパラグラフの最終行として認識されるからです。

    〔強制両端揃え〕を選択して〔文字間にスペース挿入〕を選択すると、文字列はフレーム内に均等に配置されます。単語を1つしか含まない行では、その単語の1つ1つの文字がフレーム内に均等に配置されます。〔文字間にスペース挿入〕を選択しなければ、単語を1つしか含まない行はすべて左揃えになります。

  • OK・キャンセル 五線名へ加えた変更を実行する場合には〔OK〕をクリックします。変更を破棄したい場合には〔キャンセル〕をクリックします。〔五線の属性〕ダイアログボックスもしくは楽譜上に戻ります。

ヒント: 文字 / 文字揃えサブメニューに、位置合わせと文字揃えの具体例があります。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標