現在地: 機能マニュアル > ダイアログボックス > C > 反復記号括弧の作成ダイアログボックス

反復記号括弧の作成ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

このダイアログボックスを表示する方法は2通りあります。

  • 反復記号括弧の作成時:反復記号ツールiconを選択します。反復記号を設定する小節範囲を選択して反転表示し、クリックして〔反復記号括弧の作成〕を選択します。または、小節範囲を選択してから〔反復記号〕メニューの〔反復記号括弧の作成〕を選択します。または、小節をダブルクリックします。〔反復記号の選択〕ダイアログボックスが表示されます。反復記号括弧のアイコンをダブルクリックします。
  • 反復記号括弧の編集時:既存の反復記号括弧に表示されているハンドルのいずれかを+クリックして〔反復記号括弧の編集〕を選択します。

【機能について】

標準の1、2番括弧付きの反復記号を作成する場合は、1番括弧の小節を選択して、〔反復記号〕>〔反復小節線(1、2番括弧付き)の作成〕を選択します。反復記号(小節線とテキスト指示)をご参照ください。

このダイアログボックスでは、反復記号括弧の特性(文字とプレイバックの属性を含む)を指定します。

  • 括弧内の数字 反復記号括弧に表示する番号を入力します(複数の番号も指定できます)。ここで指定した数字はプレイバックにも反映されます。例えば「1」を入力すると、1番括弧を指定して、最初の1回だけ演奏することになります。1番括弧を演奏した後は、1番括弧を飛び越して〔飛び越し先〕に進みます(ダイアログボックスの下の欄で指定します)。複数の番号を指定して、プレイバック時に複数回演奏させることもできます(指定した回数だけ演奏した後、括弧を飛び越して指定の飛び越し先に進みます)。複数の番号を指定するには、コンマで区切って入力するか、-(ハイフン)を使って「1-3」のように範囲を指定します。〔ファイル別オプション-反復記号〕ダイアログボックスで〔反復記号括弧内の数字にピリオドを加える〕にチェックを付けている場合、1つの番号を指定すると、自動的に番号にピリオドが付きます。
  • 括弧内の文字 ここに文字を入力すると、括弧番号の代わりの文字が括弧に表示されます。数字の代用として数字記号(#)を使用できます。このボックスに入力した文字列は、プレイバックには反映されません。

    括弧内の数字と他の文字を組み合わせたい場合(例えば「4回目のみ」など)は、代用記号(Shift+3で入力する#)を数字の代わりに使用してください(「#回目のみ」など)。文字に使用するフォントは、〔ファイル別オプション-フォント〕ダイアログボックスで設定します。

  • 飛び越し先 飛び越し先を指定すると、プレイバック時に指定回数(回数は〔括弧内の数字〕で指定します)だけ演奏した後、反復括弧の付いた小節を飛び越して、指定の飛び越し先にジャンプします。
    • 〔次の括弧〕を選択すると、次の反復小節線の後ろにある次の括弧に飛び越します。
    • 〔指定小節〕を選択した場合は、小節番号を指定してください。
    • 〔進む(小節数を指定)〕〔戻る(小節数を指定)〕を選択した場合は、現在位置を基準にして何小節先に進むか、または戻るかを指定します。
    • 〔何もしない〕を選択すると、対象小節が最後の括弧となり、飛び越さずに演奏されます。
  • プレイバック・オプションに関わらず飛び越し先へ飛ぶ このオプションを選択すると、〔プレイバック・オプション〕ダイアログボックスで〔反復記号を無視〕にチェックが付いていても、この反復括弧を飛び越して演奏されます。
  • 五線別の編集を可能にする 楽譜上に複数の五線(パート)がある場合、それぞれの五線に同じ反復記号括弧が配置され、サイズを変更したり他の設定を変えるとすべての括弧に反映されます。それぞれの括弧を個別に大きさを変えたり移動したりするには、この〔五線別の編集を可能にする〕を選択してください。五線別表示リストでは、どの五線で反復括弧を表示させるかを指定します。五線別表示リストは、〔反復記号括弧の作成〕ダイアログボックス、および〔反復小節線の機能設定〕ダイアログボックスから表示できます。
  • 終了反復小節線の作成 このオプションを選択すると、括弧の後に自動的に反復小節線が作成されます(〔つねに飛ぶ〕が選択され、飛び越し先は〔反復小節線の機能設定〕ダイアログボックスの〔一番手前の開始反復小節線〕となります)。反復セクションの最終括弧を作成する場合は、反復小節線は不要なのでチェックを外してください。
  • 表示:すべての五線・最上段の五線のみ 〔すべての五線〕を選択すると、反復記号括弧がすべての五線に表示されます。〔最上段の五線のみ〕を選択すると、スコア譜またはパート譜の最上段の五線に反復記号括弧が表示されます。
  • 五線別表示リスト:なし・新規五線リスト・[定義済みの五線別表示リスト]・編集 〔新規五線リスト〕を選択すると〔五線別表示リスト〕ダイアログボックスが開き、どの五線に反復記号を表示させるかを指定できます。作成済みの五線別表示リストを選択する場合は、ドロップダウン メニューから使用したいリストの名称を選択します。選択した五線別表示リストを編集するには、〔編集〕をクリックして、〔五線別表示リスト〕ダイアログボックスで編集します。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックする(またはENTERを押す)と変更が確定します。〔キャンセル〕をクリックすると変更が破棄されます。楽譜上に戻ります。

関連トピック:

反復記号(小節線とテキスト指示)

反復記号ツールicon

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標