五線の切り取り

“五線の切り取り”とは、下図のように必要に応じて段の途中で五線を開始または終了することを指します。Finaleでは、組段内に音符が含まれているパートのみを表示する操作が簡単にできます(「空の五線を隠すには」を参照)。

その場合でも、各パート(五線)は、左右の幅全体を使って表示されます。段の途中から始まる、または段の途中で終わるようなパート(しかも他のパートは左右のマージンいっぱいに表示されている場合)を作成したい場合は、「楽譜スタイル」を使用して、各パートの一部分を隠すことによって表記します。

五線の一部分を非表示にするには

  1. テンポ・ツールiconを選択し、隠したい小節を選択します。選択方法についての詳細は、楽譜の選択をご参照ください。
  2. 〔五線〕メニューの〔楽譜スタイルの適用〕から〔スコア譜とパート譜〕または〔編集中のパート譜/スコア譜〕を選択します。〔楽譜スタイル適用〕ダイアログボックスが表示されます。
  3. 〔強制的に五線を隠す(空け)〕を選択して、〔OK〕をクリックします。選択範囲内のすべての小節が非表示になります。

    または、選択範囲上で右クリック+クリックして、コンテクストメニューから〔強制的に五線を隠す(空け)〕を選択します。

適用した楽譜スタイルを解除したい場合は、再びその小節を選択して〔五線〕メニューから〔楽譜スタイルの解除〕を選択します。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標