現在地: 機能マニュアル > ダイアログボックス > A > 楽譜スタイル適用ダイアログボックス

楽譜スタイル適用ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. テンポ・ツールiconを選択します。〔五線〕メニューが表示されます。
  2. 小節範囲を選択します
  3. 〔五線〕メニューの〔楽譜スタイルの適用〕から〔スコア譜とパート譜〕または〔編集中のパート譜/スコア譜〕を選択します。

【機能について】

Finale 2012より前のバージョンでは、楽譜の途中での楽器変更は楽譜スタイルで設定していました。Finale 2012から、〔ユーティリティ〕メニュースコア・マネージャーを使って、直接楽器を変更できるようになりました。楽譜の途中で楽器を変更するにはをご参照ください。

このダイアログボックスを使うと、選択領域内へ指定した楽譜スタイルを適用することができます。「楽譜スタイル」とは五線上の任意の箇所に個別に複数の「五線の属性」を適用することを指します。ただし旧バージョンから変換されたファイルが〔省略の記譜法〕の楽譜スタイルを持っていない場合には、それらの楽譜スタイルを使用することができません。その場合には楽譜スタイルライブラリを読み込むか、または自身で作成してください(楽譜スタイルダイアログボックスをご参照ください)。

  • 楽譜スタイル リストから使用したい楽譜スタイルを選択してください。
  • 定義 〔定義〕をクリックすると〔楽譜スタイル〕ダイアログボックスが開き、楽譜スタイルの編集や、新規スタイルの作成ができます。
  • OK・キャンセル 〔OK〕をクリックする(またはENTERを押す)と変更が確定します。〔キャンセル〕をクリックすると変更が破棄されます。楽譜上に戻ります。

ヒント: 楽譜スタイルを作成するには、〔五線〕メニューから〔楽譜スタイルの定義〕を選択します。

関連トピック:

コードネーム

ガイド音符

五線の切り取り

楽譜スタイル

小節の繰り返し記号

小節

スラッシュ表記

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Windows

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標