現在地: チュートリアル > GarritanとHuman Playback > Garritanインストゥルメントのセットアップ

Garritanインストゥルメントのセットアップ

Garritan Instruments for Finaleのインストーラを使用すると、Finaleで使用する全ファイルがインストールされます。個々のGarritan製品に関する詳細については、Finale Knowledge BaseにあるSetting up Garritan sound libraries in Finale(英語)をご参照ください。

また、Garritanインストゥルメントのセットアップを簡単にするため、Finaleにサウンド・マップが付属しています。サウンド・マップは、楽譜で使われる楽器と、プリインストールされているAudio Unitsライブラリを結び付ける働きをします。〔サウンド・マップの優先順位〕ダイアログボックスでGarritan音源のサウンド・マップを一番上に設定しておけば、楽譜を新規作成するときや、スコア・マネージャーで新しい楽器を追加するときにGarritanインストゥルメントが自動的に割り当てられます。作成済みのファイルに対しては、〔MIDI/Audio〕メニューの〔プレイバックサウンドの再割り当て〕を選択することにより、Finaleファイルに瞬時にGarritan音源(GPO、JABB、またはMakeMusicの提供するGarritanライブラリ)の音色が割り当てられます。

サウンド・マップを使ってAudio Units音源の音色を楽器に割り当てるには

  1. 〔MIDI/Audio〕メニューから〔サウンド・マップの優先順位〕を選択します。〔サウンド・マップの優先順位〕ダイアログボックスが表示されます。
  2. サウンドマップの順序を調整して、〔OK〕をクリックします。
  3. 〔MIDI/Audio〕メニューから〔プレイバックにAudio Unitsを使用〕を選択します。
  4. 〔MIDI/Audio〕メニューから〔プレイバックサウンドの再割り当て〕を選択します。サウンド・マップの優先順に従って、各楽器に自動的に音色が割り当てられます。

MakeMusicの提供でないサードパーティ製Audio Unitsのサウンドライブラリにはサウンド・マップが用意されていないため、手動で設定する必要があります。「サードパーティ製Audio Units音源の音色を割り当てるには」をご参照ください。

前へ 次へ

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks