現在地: 機能マニュアル > メニュー > プラグインメニュー

プラグインメニュー

展開表示されたプラグインメニュー

〔プラグイン〕メニューが表示されていない場合、カスタムインストールを実行したか、Finaleインストール先ディレクトリの「Plug-ins」フォルダを削除したか、フォルダ名を変更した可能性があります。Finaleインストール先フォルダの詳細をご参照ください。

【このメニューを表示するには】

〔プラグイン〕メニューはFinaleの常設メニューです。どのツールを選択しても表示されています。

【機能について】

Finaleのプラグインは、Finaleの機能を拡張する小さなプログラムです。Finaleには多種多様なプラグインが付属しています。プラグインのデフォルトの保存場所が設定されていますが(Finaleインストール先フォルダの詳細を参照)、〔環境設定-フォルダ〕ダイアログボックスで別のフォルダを指定することもできます。〔プラグイン〕メニューには、指定のプラグインフォルダに保存されているすべてのプラグインが表示されます。Finaleのインストールファイルに含まれているプラグインは、下記のようにいくつかのサブフォルダに分類されています。

プラグインは、楽譜全体または特定の範囲に対して作用します。範囲を選択するには、選択ツールiconなど、範囲選択のできるツールを使います。範囲選択が必要なプラグインでは、必要な選択がおこなわれているかがチェックされ、必要に応じて警告が表示されます。注:リンクしたパート譜からは使用できないプラグインがあります。パート譜に対してプラグインを使用するには、最初にパート譜の書き出しを実行するようにしてください。

  • 発想記号関連 このサブメニューから〔強弱記号の自動作成〕プラグインを起動します。ここでは、各強弱記号に関連付けられたMIDIベロシティ値にもとづいて楽譜に強弱記号を配置します。
  • お気に入りプラグイン このサブメニューから、頻繁に使用するプラグインを実行できます。よく使用するプラグインを「お気に入りプラグイン」フォルダに移動すれば、簡単にアクセスできるようになります。独自のサブメニューも作成可能です。お気に入りプラグインサブメニューをご参照ください。
  • FinaleScript このサブメニューから、FinaleScriptプラグイン、オプション、ヘルプにアクセスします。FinaleScriptサブメニューをご参照ください。
  • 歌詞関連 このサブメニューから、メリスマと歌詞の配置に有用なプラグインを実行します。歌詞関連サブメニューをご参照ください。
  • 小節関連 このサブメニューから、コーダ切れの作成、小節の統合、反復記号の作成・編集、小節の分割などの小節関連の各種タスクを実行します。小節関連サブメニューをご参照ください。
  • その他 このサブメニューでは、様々なテキスト項目で使用するフォントの変更ができます。その他サブメニューをご参照ください。
  • 音符関連 このサブメニューから、音符、連桁、休符を編集する様々なプラグインにアクセスします。音符関連サブメニューをご参照ください。
  • 作曲・編曲関連 このサブメニューには、楽譜を解析してリズムパターン、大譜表、ガイド音符などの要素を作成するプラグインが収められています。作曲・編曲関連サブメニュー.をご参照ください。
  • TGツール このサブメニューから、Robert Pattersonが開発したTGツールプラグイン集のサンプルにアクセスします。TGツールサブメニューをご参照ください。

関連トピック:

プラグイン

FinaleScriptの使い方

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標