Finaleのファイル拡張子とアイコン

Finaleには様々な種類のファイルが存在し、それぞれに拡張子とアイコンがあります。下記の表には、Finaleで作業をおこなう際に取り扱う各種ファイルの説明が記載されています。あるバージョンのFinaleをインストールすると、ファイル拡張子は当該バージョンのFinaleと自動的に関連付けされます。なお、直前にインストールしたバージョン(最新バージョンとは限りません)が、自動的にFinaleのファイルタイプと関連付けされるのでご注意ください。

現バージョンのFinaleで使われているファイルタイプ
ファイルアイコン/拡張子 説明 ファイルを保存する方法 ファイルを開く方法

Finale楽譜ファイル(.musx)
Finaleの標準(楽譜)ドキュメントファイルです。 〔ファイル〕メニューから〔別名で保存〕を選択します。ファイルに名前を付けて〔保存〕をクリックします。 ダブルクリックするか〔ファイル〕メニューから〔開く〕を選択します。または、Finaleプログラムにファイルをドラッグします

MIDIシーケンサーファイル(.midi, .mid)
スタンダードMIDI シーケンサー・ファイルです。Finale以外の大半のシーケンサー・ソフトで読み取ることができます。 〔ファイル〕メニューの〔エクスポート〕からMIDIファイル〕を選択します。ファイルに名前を付けて〔保存〕をクリックします。 〔ファイル〕メニューから〔開く〕を選択します。MIDIファイルをダブルクリックします。

Finaleテンプレートファイル(.musx
Finaleファイル作成時のひな型として使用できるファイルです。Finaleテンプレートファイルをご参照ください。 〔ファイル〕メニューから〔別名で保存〕を選択します。ファイルに名前を付けて「Templates」フォルダに保存します。 〔ファイル〕メニューから〔開く〕、または〔ファイル〕メニューの〔新規作成〕から〔テンプレートからの新規ファイル〕を選択します。Finaleテンプレートファイルをダブルクリックするか、ドラッグしてFinaleプログラムに重ねます。

レッスン・ファイル(.lsn)
このファイルには、トレーニング・ウィザードによって作成される練習譜例の内容や使用楽器などが定義されています。 〔ファイル〕メニューの〔新規作成〕から〔トレーニング・ウィザード〕を選択する。トレーニング・ウィザードをご参照ください。 〔ファイル〕メニューから〔開く〕を選択します。レッスン・ファイルをダブルクリックします。

圧縮MusicXMLファイル(.mxl)
SmartMusicなどの他の音楽ソフトで開くことのできる、MusicXMLファイルの圧縮版です。 〔ファイル〕メニューの〔エクスポート〕から〔MusicXML〕または〔MusicXMLファイルへの一括変換〕を選択します。ファイルに名前を付けて〔保存〕をクリックします。 〔ファイル〕メニューの〔インポート〕から〔MusicXML〕または〔MusicXMLファイルの一括変換〕を選択します。圧縮MusicXMLファイルをダブルクリックするか、ドラッグしてFinaleプログラムに重ねます。

MusicXMLファイル(.musicxml または .xml)
SmartMusicなどの他の音楽ソフトで開くことのできる、XML形式の楽譜ファイルです。ファイルのインポートをご参照ください。 〔ファイル〕メニューの〔エクスポート〕から〔MusicXML〕または〔MusicXMLファイルへの一括変換〕を選択します。ファイルに名前を付けて〔保存〕をクリックします。 〔ファイル〕メニューの〔インポート〕から〔MusicXML〕または〔MusicXMLファイルの一括変換〕を選択します。MusicXMLファイルをダブルクリックするか、ドラッグしてFinaleプログラムに重ねます。

SmartMusic伴奏ファイル(.smpx)
Finaleで作成したファイルをクラシック版SmartMusicで使用できるようにするファイルです。 SmartMusic伴奏ファイルを保存する準備ができたら、〔ファイル〕メニューの〔エクスポート〕から〔SmartMusicファイル〕を選択します。 クラシック版SmartMusicでは、Finale-Created Filesを選択して、〔Import〕をクリックします。SmartMusicファイルを探してダブルクリックします。

バックアップファイル(bak.musx
Finaleの標準(楽譜)ドキュメントファイルのバックアップです。 〔環境設定-保存〕ダイアログボックス〔ファイルを保存する時にバックアップを作成〕が選択されている場合、このファイルが自動生成されます。 〔ファイル〕メニューから〔開く〕を選択します。BAKXファイルをダブルクリックします。

Finale自動保存ファイル(.asvx)
Finale標準(楽譜)ファイルの自動保存バックアップファイルです。 〔環境設定-保存〕ダイアログボックス〔バックアップファイルを_分ごとに作成〕が選択されている場合、このファイルが自動生成されます。 〔ファイル〕メニューから〔開く〕を選択します。ASVXファイルをダブルクリックします。

プラグインアプリケーション(.fxtm)
Finaleの機能を拡張する、Finaleでのみ動作するプラグインです。 Finaleフォルダには多数のプラグインがインストールされています。 FXTファイルを個別に開くことはできません。Finaleの起動時に、使用できるプラグインが読み込まれます。

Finaleライブラリファイル(.lib)
Finaleライブラリには、コードネーム、アーティキュレーションなどの記号や、文字発想記号、ファイル設定やスペーシングなどの様々な種類の設定情報が収められています。Finaleライブラリをご参照ください。 〔ファイル〕メニューから〔ライブラリを保存〕を選択します。ライブラリをご参照ください。 〔ファイル〕メニューから〔ライブラリを開く〕を選択します。Finaleライブラリファイルをダブルクリックします。

Finaleフォント付加情報ファイル(.fan)
記譜フォントでキャラクタを表示する際、適切なスペーシングにするために使われるファイルです。フォント付加情報をご参照ください。 FANファイルはFinaleで自動作成されます。〔フォント付加情報〕ダイアログボックスで作成、編集することもできます。 〔フォント付加情報〕ダイアログボックス〔開く〕をクリックします。Finaleフォント付加情報ファイルをダブルクリックします。

Finaleテンポラリファイル(.tmp)
Finaleが作業用に作成するテンポラリファイルの1つです。通常の状態では、テンポラリファイルは見えません。 Finaleで作業をしている間(または適切にFinaleを終了せずにコンピュータが停止した後)のみテンポラリファイルは存在します。 テンポラリファイルを開くことはできません。

Finaleクリップファイル(.clp)
クリップファイルは、Finaleのファイルからコピーした楽譜のモチーフ、パッセージ、セクションなどを格納しています。 選択ツールをクリックして、小節範囲を選択します。OPTIONを押しながら、〔編集〕メニューから〔クリップファイルにカット〕または〔クリップファイルにコピー〕を選択します。ファイルに名前を付けて〔保存〕をクリックします。楽譜のコピーをご参照ください。 選択ツールをクリックして、小節範囲を選択します。OPTIONを押しながら、〔編集〕メニューから〔クリップファイルより挿入〕または〔クリップファイルよりペースト〕を選択します。Finaleクリップファイルをダブルクリックします。

Finaleトラック/五線割り当てファイル
このファイルは、MIDI ファイルのシーケンサー・トラック/チャンネルを、どのようにFinaleファイル上の五線へ割り当てるかの情報を格納しています。 〔ファイル〕メニューから〔開く〕を選択します。MIDIファイルをダブルクリックします。〔特殊な割り当て〕を選択して、〔トラック/チャンネルから五線への割り当て〕ダイアログボックスでトラック/五線の割り当てを設定し、〔保存〕をクリックします。 〔ファイル〕メニューから〔開く〕を選択します。MIDIファイルをダブルクリックします。〔特殊な割り当て〕を選択して、〔トラック/チャンネルから五線への割り当て〕ダイアログボックスで〔読み込み〕をクリックします。Finaleトラック/五線割り当てファイルをダブルクリックします。

 

旧バージョンのFinaleで使われていたファイルタイプ
ファイルアイコン/拡張子 説明 ファイルを保存する方法 ファイルを開く方法

旧Finale標準楽譜ファイル(.mus)
Finale 2012まで使われていたFinale楽譜ファイルです。 〔ファイル〕メニューの〔エクスポート〕から〔Finale 2012〕を選択します。ファイルに名前を付けて〔保存〕をクリックします。 ダブルクリックするか〔ファイル〕メニューから〔開く〕を選択します。または、ファイルをドラッグしてFinaleプログラムに重ねます(MUSファイルを開くとき、自動でMUSXに変換されます)。

ENIGMAトランスポータブル形式(.etf)
プレーンテキスト形式で作成された初期のFinaleの楽譜ファイルです。FinaleファイルをWindowsとMac間でやり取りする目的で使われていました。 ETFファイル作成機能は2007で終了しました。代わりにMUS、MUSX、MusicXML形式が導入されました。 〔ファイル〕メニューから〔開く〕を選択します。〔ファイルの種類〕ドロップダウンメニューから〔ENIGMAトランスポータブルファイル〕を選択します。ENIGMAポータブルファイルをダブルクリックします(ETFファイルを開くとき、自動でMUSXに変換されます)。

旧Finaleテンプレートファイル(.mus)
Finaleファイル作成時のひな型として使用できるファイルです。 〔ファイル〕メニューから〔別名で保存〕を選択します。ファイルに名前を付けて「Templates」フォルダに保存します。 〔ファイル〕メニューから〔開く〕、または〔ファイル〕メニューの〔新規作成〕から〔テンプレートからの新規ファイル〕を選択します。旧Finaleテンプレートファイルをダブルクリックするか、ドラッグしてFinaleプログラムに重ねます。

FPAファイル(.fpa)
SmartMusicに似たツールであるFinale Performance Assessmentで使用するためのファイル形式です。 Finale Performance AssessmentおよびFPAファイル作成機能は2007で終了しました。 〔ファイル〕メニューから〔開く〕を選択します。FPAファイルをダブルクリックするか、ドラッグしてFinaleプログラムに重ねます。

旧SmartMusicファイル(.smp)
Finaleで作成したファイルをクラシック版SmartMusicで使用できるようにするファイルです。 Finale 2014でSMPファイルはSMPXファイルに変わりました。Finale 2014以降、SMPファイルを作成できません。 クラシック版SmartMusicでは、Finale-Created Filesを選択して、〔Import〕をクリックします。旧SmartMusicファイルを探してダブルクリックします。

バックアップファイル(bak.mus
Finaleの標準(楽譜)ドキュメントファイルのバックアップです。 〔環境設定-保存〕ダイアログボックスの〔ファイルを保存する時にバックアップを作成〕が選択されている場合、このファイルが自動生成されます。 〔ファイル〕メニューから〔開く〕を選択します。BAKファイルをダブルクリックします。

自動保存ファイル(asv
Finale標準(楽譜)ファイルの自動保存されたバックアップファイルです。 〔環境設定-保存〕ダイアログボックスの〔バックアップファイルを_分ごとに作成〕が選択されている場合、このファイルが自動生成されます。 〔ファイル〕メニューから〔開く〕を選択します。ASVファイルをダブルクリックします。

ノートファイル(.not)
ノートファイルは、旧バージョンのFinaleの〔シーケンス採譜〕ウィンドウで記録したMIDI情報を格納します。 注:Finale 2014以降、〔リアルタイム入力〕ツールの〔シーケンス採譜モード〕は削除されました。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks