現在地: チュートリアル > GarritanとHuman Playback > Human Playback初期設定

Human Playback初期設定

Human Playbackスタイルをカスタマイズできるだけでなく、個々の環境やファイルに応じて、Human Playback初期設定を複数セット作成することができます。特定のファイルに適用するように設定しておけば、そのファイルを開いたとき、指定した初期設定セットが必ず使われるようになります。

Human Playbackの初期設定事項は、すべて〔環境設定-Human Playback〕ダイアログボックスで設定します。〔初期設定セット〕の下のリストに「デフォルト設定」があります。特に変更を加えなければ、Finaleのすべてのファイルに「デフォルト設定」セットが適用されます。〔Human Playbackの初期設定〕ダイアログボックスの設定を少しでも変更すると、「デフォルト設定」セットに変更が保存されます(ただし〔現在の初期設定セットをロック〕を選択している場合を除きます)。

〔デフォルト〕をクリックすると、変更内容が破棄されて元の初期値に戻ります。〔複製〕をクリックすると、現在の初期設定セットのコピーが作成されるので、元の初期設定セットを修正してカスタマイズすることができます。〔次のファイルに適用〕を選択しておくと、編集中のファイルと一緒に現在の初期設定セットが保存されます。次回このファイルを開いたときは、〔Human Playbackの初期設定〕ダイアログボックスの初期設定セットが一時的に無効になり、このファイルと一緒に保存した初期設定ファイルが適用されます。〔現在の初期設定セットをロック〕を選択した場合、現在表示している初期設定セットの設定変更が禁止されます。

通常は初期設定のままで適切に機能しますが、ここでは、このダイアログボックスの各項目がGarritanインストゥルメントのプレイバックにどう影響するかを説明します。

 

前へ 次へ

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks