現在地: チュートリアル > FinaleScriptを使用

FinaleScriptの使い方

FinaleScriptとは

FinaleScriptは、特にFinale向けとしてRobert Piéchaudにより作成された高機能な自動化プラグインです。FinaleScriptプラグインのインタフェースを通じて、大部分のFinaleユーザーになじみのある分かりやすい構文と文法でスクリプトを記述します。

FinaleScriptスクリプト作成言語の特徴:

  • 目標指向。FinaleScriptの目的は、楽譜を作成するための具体的目標を1回以上達成することです。
  • 手続き型。FinaleScriptは、人間が判読できる個々のコマンドを使って順番に(一行ずつ)タスクを実行します。
  • ドメイン固有。FinaleScript言語で定義されているコマンドは、Finaleプログラムの範囲内でのみ機能します。

例えば、手動でファイルを開き、スペーシングを変更し、パートを移調し、ページレイアウトを調整し、ファイルを保存するという一連の操作を、スクリプト作成によりボタン1つで実行することが可能です。わずかな努力で、Finaleのほぼすべてのタスクを自動化することができます。

共通の手順

Finaleをバージョンアップする場合、FinaleScripのスクリプトとオプションは新バージョンにコピーされません。該当ファイルを新バージョンに移行する方法については、「各種設定とサポートファイルを新バージョンに移行するには」をご参照ください。

FinaleScriptのスクリプトを記述する

FinaleScriptの構造

FinaleScriptは所定のコマンド群から構成され、各コマンドは特定のタスクを実行します。各コマンドは1つ以上のキーワードからなり、各コマンドは1つ以上のパラメータを使用できます。

スクリプト実例

Finaleにインストールされているスクリプト例をいくつか解説します。

失敗しないスクリプトを作成するために

ほとんどの場合、複数のコマンドを実行する目的でスクリプトを作成します。そのためには、以下の手順を守ってください。

関連トピック:

FinaleScriptコマンドリファレンス

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks