発想記号の設計-メインダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

  1. 発想記号ツールiconを選択して、音符または小節をダブルクリックします。〔発想記号の選択〕ダイアログボックスが表示されます。
  2. 〔発想記号の選択〕ダイアログボックスで、〔[カテゴリ名]の作成〕をクリックするか、発想記号のどれかを選択して〔編集〕をクリックします。

【機能について】

発想記号は2種類あります。文字や標語をフォントを使って表現する「文字発想記号」(Allegro、rit.、強弱記号など)と、〔図形作成〕ウィンドウで作成した図形を使用する「図形発想記号」です。両方ともプレイバック時の効果を定義できます。

このダイアログボックスでは、発想記号の新規作成と編集をおこないます。このダイアログボックスは3つのタブで構成され、発想記号の様々な属性を設定します。〔メイン〕タブでは、綴り、フォント、注記などを設定します。〔プレイバック〕タブでは、発想記号をどのようにプレイバック(ボリューム、テンポなど)に反映させるかを設定します。〔配置〕タブでは、発想記号の位置を細かく調整します。

〔プレイバック〕タブでは、発想記号のプレイバック効果を設定します。詳しくは発想記号の設計-プレイバックをご参照ください。〔配置〕タブでは、発想記号の位置を調整します。詳しくは発想記号の設計-配置をご参照ください。

  • 注記 参照用の注記を発想記号に設定できます。このテキストボックスに注記の文字列を入力すると、〔発想記号の選択〕ダイアログボックスの下部に同じ文字列が表示されます。文字が含まれていない発想記号(プレイバック効果を修正するだけの目的で作成した発想記号など)をいくつも設定した場合、注記を記入しておくと特に便利です。
  • 文字・図形 文字発想記号を設定するには、〔文字〕を選択します。図形発想記号を設定するには、〔図形〕を選択します。

    スラー、フレーズ記号、松葉形クレッシェンドを入力する場合は、変形図形ツールを使います。

  • [テキストボックス] 楽譜に表示させる文字発想記号の文字列を入力します。
  • [カテゴリ名]で定義されたフォントを使用 現在のカテゴリに設定されているフォント、フォントサイズ、スタイルを使用するには、このボックスにチェックを付けます。カテゴリ別のフォントは〔発想記号カテゴリの設計〕ダイアログボックスで設定します。カテゴリの設定を使わずに、個々の発想記号でフォント、フォントサイズ、スタイルを設定する場合は、このボックスのチェックを外します(発想記号の設計-配置を参照)。
  • 音符を挿入 このポップアップメニューから、メトロノーム記号に表示する音符を選択できます。ここで選択した楽譜文字は記譜用フォントに追加されます。また、〔発想記号の設計-プレイバック〕ダイアログボックスで〔メトロノーム記号の数値を優先〕にチェックを付けておくと、プレイバック時にメトロノーム記号の値が使われます。
  • フォント ポップアップ メニューを使って、文字と音楽記号の切り替えができます。カテゴリ別のフォントを変更するには、〔発想記号カテゴリの設計〕ダイアログボックスを使います。カテゴリの設定を使わずに、個々の発想記号でフォントを設定するには、〔[カテゴリ名]で定義されたフォントを使用〕のチェックを外します。
  • 非表示 このオプションは、〔[カテゴリ名]で定義されたフォントを使用〕のチェックを外すと表示されます。〔非表示〕にチェックを付けた場合、文字発想記号は印刷されません(文字を入力する前に〔非表示〕を選択するか、入力した文字をハイライト表示(選択)してから〔非表示〕を選択してください)。画面には、〔環境設定〕ダイアログボックスの〔非表示テキストの表示濃度〕の設定に従って、文字発想記号が常に表示されます。
  • 囲み図形・編集 発想記号を枠で囲む場合は、ポップアップ メニューから図形を選択してください。〔編集〕をクリックすると〔囲み図形作成〕ダイアログボックスが開き、現在選択している図形の線幅、角の丸み、幅などを変更できます。この機能を使って、リハーサルマークを正確に四角く囲んだりできます。
  • 自動配列スタイルを使用:A, B, C… 小節番号(カテゴリとしてリハーサルマークを選択したときのみ設定可能) リハーサルマークに連続した番号または文字を自動で割り当てるには、〔自動配列スタイルを使用〕にチェックを付けて、隣のポップアップ メニューからスタイルを選択します。このオプションを選択しておくと、楽譜上でリハーサルマークを追加、削除、順序変更しても、自動的に数字または文字が振り直されます。リハーサルマークをご参照ください。〔小節番号〕を選択した場合は、小節番号ダイアログボックスで設定したスタイルが使われます。小節番号の表示範囲が設定されていない場合、リハーサルマークには実際の小節番号が表示されます。小節番号の表示範囲が複数設定されている場合は、リハーサルマークには、1番目の範囲で設定されている小節番号が表示されます。

    自動配列をオンに設定したリハーサルマークをすでに作成した状態で〔自動配列スタイルを使用〕のチェックを外した場合、作成済みのリハーサルマークから連番または連続した文字の部分が消去され、空のプレースホルダが残ります。自動配列をオンに設定したリハーサルマークを削除するには、楽譜上で個別に削除するか(「選択した範囲から発想記号を削除するには」を参照)、〔発想記号の選択〕ダイアログボックスから定義そのものを削除します(パレットから目的の発想記号を選択して〔削除〕をクリックし、〔記号の削除〕ダイアログボックスで〔楽譜上と選択パレットの両方から記号を削除する〕を選択)。

  • 小節番号を隠す(カテゴリとしてリハーサルマークを選択したときのみ設定可能) このオプションを選択した場合、リハーサルマークは表示され、小節番号は非表示になります。そのあとでリハーサルマークを削除または移動すると、小節番号は自動的に再表示されます(〔小節番号〕ダイアログボックスで小節番号の表示を指定している場合)。
  • 編集・作成・選択 〔編集〕か〔作成〕をクリックすると図形作成ウィンドウが開き、図形発想記号の新規作成または編集ができます。〔選択〕をクリックすると、図形発想記号の一覧から選択できます。
  • 小節の幅に合わせて伸縮 ページ表示モードのとき、ページマージンや各組段に含まれる小節数などによって、個々の小節の幅が微妙に変化します。このボックスにチェックを付けると、割り付け先の小節の幅に合わせて図形発想記号(スラー、松葉形クレッシェンド、グリッサンドなど)が自動的に伸縮します。小節の幅が変わっても記号の横幅を変更したくない場合(ハープのペダル・ダイアグラムのように元の幅を保つ図形など)は、このボックスのチェックを外してください。
  • 非表示 このボックスにチェックを付けると、現在設定している発想記号は、印刷時には表示されません。ただし、画面には表示されます。

ヒント: 囲み図形の作成で〔背景を隠す〕を選択すると、楽譜上で文字発想記号と重なる部分を非表示にできます。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標