現在地: 各機能について > Finale の改善点

Finale の改善点

Finaleの新機能については、Finaleの新機能をご参照ください。Finaleの最新バージョンで追加されたユーザーインタフェース変更項目については、Finale のユーザーインタフェース変更項目をご参照ください。

Finale version 26の改善点

  • アーティキュレーション選択ダイアログボックス アーティキュレーションを音符に割り付けて〔アーティキュレーション選択〕ダイアログボックス内の並び順を変更した後も、マクロキーの割り当ては保持されます。
  • ライセンス認証 認証制限数に達したシリアル番号でライセンス認証を試みた場合に、正しいエラーメッセージが表示されるようになりました。
  • 太字 太字に指定した文字が予期せぬ印刷結果となる問題を解消しました。
  • 十字線 十字線で調整する線のスタイルが十字線に影響することがなくなりました。
  • Enigmaエラー ほとんどのケースで、ファイル保存時にEnigmaTempエラーが発生する可能性をなくしました。
  • Garritan ブラス、パーカッション、民族楽器の一部がミキサーに適切に応答しない問題を解消しました。
  • ヘルプボタン 〔オーディオ設定〕ダイアログボックスにヘルプボタンを追加しました。また、〔フォントに関する警告〕ダイアログボックスと〔演奏順序のチェック〕ダイアログボックスのヘルプボタンから、ユーザーマニュアルの正しいトピックが表示されるように修正しました。
  • 水平スクロール トラックボールまたはShift+スクロールホイールを使用する場合に、スクロール表示時とスタジオ表示時の水平スクロールが正しく動作するようになりました。
  • 楽譜書式(Jazz Band) 発想記号の誤植を訂正しました。
  • MusicXML
    • MusicXMLファイルのエクスポート時に、〔範囲内の最初の小節番号を非表示にする〕オプションが正しく認識されるようになりました。
    • 〔異名同調の簡略表記〕が選択されている場合、またはパート譜の先頭か末尾で移調が発生する場合、またはパート譜の途中で調号が変化する場合に、MusicXMLエクスポート時に正しいオクターブで音符がエクスポートされるようになりました。
    • 楽器名に使われるMaestroTimes臨時記号が正しくエクスポートされるようになりました。
    • 複数の反復記号および2小節反復記号の1番括弧に関して、MusicXMLエクスポート時に必要な括弧要素のみエクスポートされるようになりました。
    • 反復記号括弧の始点がMusicXMLで正しくエクスポート、再インポートされるようになりました。
    • デフォルトの記譜用フォントがEngraverFontSetの場合に、今までより正確に歌詞がエクスポートされるようになりました。
    • 単一音符に付くグリッサンドが音符の前に位置している場合に、正しくインポートされるようになりました。
    • スウィングテンポ記号にメトロノーム関連要素がない場合でも、スウィングテンポ記号が正しくインポートされるようになりました。
    • 文字と音楽記号が混在した発想記号またはテキストブロックをインポートするとき、音楽記号のサイズと位置を適切にした状態でインポートできるようになりました。
  • NotePerformer 音符入力とプレイバック時に1秒遅延する問題に対処しました。
  • テンポタップ TempoTapという名称をFinale全体で統一しました。

以前のバージョン

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks