五線別表示リスト(カテゴリ用表示セット)ダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

このダイアログボックスを表示する方法は2通りあります。編集対象が発想記号か反復記号かによって、ダイアログボックスの開き方が異なります。

カテゴリ用表示セット(発想記号):

  1. 〔書類〕メニューから〔発想記号カテゴリの設計〕を選択します。
  2. 五線別表示リストを設定できるカテゴリ(〔速度標語〕〔速度変化〕〔リハーサルマーク〕など)を選択します。
  3. 〔編集〕をクリックします。

五線別表示リスト(反復記号):

  1. 反復記号ツールiconを選択してから小節をダブルクリックして、2つの括弧付き反復小節線アイコンのどちらかをダブルクリックします。すでに終了反復小節線が作成されている場合は、そのハンドルをダブルクリックします。
  2. ハンドルをControl+クリックして、〔反復記号括弧の編集〕を選択します。〔五線別表示リスト〕ポップアップ メニューから〔新規五線リスト〕を選択するか、または既存の五線リストを選択して〔編集〕ボタンをクリックします。発想記号と反復記号では〔五線別表示リスト〕ダイアログボックスの外観が少し違いますが、機能は基本的に同じです。

【機能について】

このダイアログボックスでは、複数の五線(パート)に記号を表示する場合に、表示対象の五線を指定する「五線別表示リスト」を作成、編集します。強弱記号などの発想記号については割り付け時に配置を調整することができます。発想記号の選択ダイアログボックスをご参照ください。

発想記号

非表示にされている五線に発想記号を割り当てた場合、五線別表示リスト内の次の最上位の五線に発想記号が表示されます。五線別表示リストを設定した発想記号は、個別に移動することも、一緒に移動することもできます。「五線別表示リストに割り当てた発想記号を移動するには」をご参照ください。

  • 編集 このリストから編集したい発想記号カテゴリ用表示セットを選択します。
  • 名前 選択した表示セットの名称が表示されます。カテゴリ用表示セットは1つのファイルにつき8つまで設定でき、それぞれに名称をつけることができます。
  • スコア譜・パート譜・五線名 〔五線名〕欄に、すべての五線(パート)の名前が表示されます。各五線の〔スコア譜〕と〔パート譜〕の欄は、発想記号を表示するかどうかを×マークで表します。〔スコア譜〕と〔パート譜〕の欄をクリックすると、×マークの表示/非表示が切り替わります。〔最下段の五線〕を選択すると、楽譜の最下段に発想記号が表示されます。〔すべての五線〕を選択すると、すべての五線に発想記号が表示されます。
  • OK・キャンセル 〔キャンセル〕をクリックすると、五線別表示リストの設定を無効にして〔発想記号カテゴリの設計〕ダイアログボックスに戻ります。〔OK〕をクリックすると、追加または編集した五線リストが確定します。

反復記号

  • 対象 ポップアップ メニューか矢印ボタンを使って、編集する五線別表示リストを選択します。選択した五線別表示リストの情報がダイアログボックスに表示されます。
  • リスト名称 選択した五線別表示リストの名前が表示されます。新たに五線別表示リストを追加する場合は、テキストボックス内の名前を変更して、〔追加〕ボタンをクリックします。五線別表示リストの名前はアルファベット順(日本語の場合は頭文字のJISコード順)に表示されます。
  • 追加・削除 五線別表示リストを追加するには、リスト名称に別名を入力して〔追加〕ボタンをクリックします。五線別表示リストの名前はアルファベット順(日本語の場合は頭文字のJISコード順)にポップアップ メニューに表示されます。1,000個以上(正確には1,023個まで)の五線別表示リストを作成できます。ポップアップ メニューから五線別表示リストを削除するには、目的のリストを選択して〔削除〕をクリックします。
  • 五線名・スコア譜・パート譜 〔五線名〕欄に、すべての五線(パート)の名前が表示されます。各五線の〔スコア譜〕と〔パート譜〕の欄は、各パートで発想記号を表示するかどうかを×マークで表します。〔スコア譜〕と〔パート譜〕の欄をクリックすると、×マークの表示/非表示が切り替わります。クリックするたびに3種類の設定が切り替わります。空白(この五線には表示しない)、×マーク(この五線に表示する)、“F”(この五線につねに強制的に表示する)、の3つです。“F”を選択した場合、〔五線の属性〕ダイアログボックスで対象の五線に反復記号括弧を表示しない設定になっていても、つねにその五線に表示されます。
  • スコア譜に付ける・パート譜に付ける・スコア譜をクリア・パート譜をクリア このボタンを使用すると、〔スコア譜〕欄と〔パート譜〕欄を一度に選択または選択解除できます。スコア譜またはパート譜の欄の×マークと“F”を消去するには、〔スコア譜をクリア〕または〔パート譜をクリア〕をクリックします。スコア譜またはパート譜の欄に×マークを表示するには、〔スコア譜に付ける〕または〔パート譜に付ける〕をクリックします。
  • OK・キャンセル 〔キャンセル〕をクリックすると、五線別表示リストの設定を無効にして〔五線別表示リスト〕ダイアログボックスを閉じます。〔OK〕をクリックすると、追加または編集した五線リストが確定します。

関連トピック:

発想記号

発想記号の割り付けダイアログボックス

発想記号の選択

発想記号ツール

反復小節線の機能設定ダイアログボックス

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標