発想記号の割り付けダイアログボックス

【このダイアログボックスを表示するには】

〔発想記号の割り付け〕ダイアログボックスを表示する方法は2通りあります。

  • 発想記号ツールiconを選択して、発想記号のハンドルをShift+ダブルクリックするか、ハンドルを選択した状態でShift+RETURNを押します。
  • または、発想記号のハンドルをControl+クリックして、コンテクストメニューから〔発想記号割付の編集〕を選択します。

【機能について】

楽譜に発想記号を配置したあと、このダイアログボックスが使用可能になります。発想記号の表示位置、プレイバック効果などを設定できます。

  • 配置位置 発想記号の割り付け先を指定します。値を入力して、移動の単位をポップアップ メニューから選択します。
  • 割り付ける装飾音符 右のイラストを参照しながら装飾音符の配置を指定します。左から右に番号が振られています。
  • 配置位置からの距離:横・縦 発想記号の縦位置と横位置を正確に指定できます。割り付け先からの距離を〔縦〕と〔横〕に入力します(値が大きいほど記号は上または右方向に移動します)。もちろん、発想記号のハンドルをドラッグする方法でも位置を調節できます。入力する数値の単位は、Finale > 計測単位で指定します。
  • 音符の拡大縮小率に比例させる このボックスがチェックされている場合、記号が割り付けられている音符が拡大縮小されると、記号も同じ割合で拡大縮小されます。記号を違うサイズの音符に割り付け直した場合は、そのサイズに合わせて自動的に大きさが再調整されます。音符は〔サイズ〕ツールで音符をクリックして〔音符の拡大縮小〕ダイアログボックスで個別で任意に大きさを変更できます。また、〔ガイド作成アシスタント〕プラグインを使用して一括して変更することもできます。
  • 表示:すべてのレイヤー・スコア譜とパート譜 発想記号を割り付けるレイヤーと楽譜(スコア譜、パート譜)をポップアップ メニューから選択できます。
  • プレイバック効果:現在のレイヤー・レイヤー1・レイヤー2・レイヤー3・レイヤー4・コード・発想記号 ポップアップ メニューを使用して、どの部分に発想記号のプレイバック定義を反映させるかを指定します。例えば、割り付け先のコードネームにだけ反映させたり、4つのレイヤーのどれか1つだけをパッチ・チェンジさせたりできます。
  • プレイバック効果の開始:配置位置から・小節の先頭から・小節途中の配置位置から 発想記号にプレイバック定義を設定した場合は、プレイバック効果が始まる箇所を指定できます。〔発想記号の設計〕ダイアログボックスの「水平位置の基準点」の説明をご参照ください。〔配置位置から〕を選択した場合は、発想記号の割り付け先の拍でプレイバック効果が発生します。〔小節の先頭から〕を選択した場合、小節の先頭からプレイバック効果が適用されます。〔小節途中の配置位置から〕を選択した場合、プレイバックが発想記号の位置に来るまでは、プレイバック効果が開始しません。特定のレイヤーにだけプレイバック効果をかけるには、各レイヤーに個別のチャンネルを割り当てる必要があります。スコア・マネージャーをご参照ください。
  • OK・キャンセル 設定を確定して楽譜上に戻るには〔OK〕をクリックします。発想記号の設定を変更せずに楽譜上に戻るには、〔キャンセル〕をクリックします。

関連トピック:

発想記号

発想記号の選択

発想記号ツール

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

著作権および商標