現在地: チュートリアル > SibeliusファイルをFinale形式に変換

Sibeliusファイルをコンバートする

Sibeliusファイルは、簡単にFinale形式にコンバートできます。

使いやすい相互互換ファイル形式であるMusicXMLを使用すれば、Sibeliusで作成されたファイルを簡単にFinale形式に変換できます。SibeliusとFinaleの違いについては、MakeMusicのWebページをご覧ください。

ここでは、以下の操作方法について説明します。

  1. SibeliusファイルをMusicXML形式で保存する。
  2. 保存したMusicXMLファイルFinaleで開く。
  3. プレイバックサウンドを再割り当てする。
  4. ファイルをFinale形式またはSmartMusic伴奏ファイルとして保存する。

ステップ1:SibeliusファイルをMusicXML形式で保存する

Sibeliusで、目的のファイルを開きます。〔ファイル〕タブの〔エクスポート〕を選択します。〔エクスポート〕メニューからMusicXMLを選択します。〔非圧縮〕を選択して〔エクスポート〕ボタンをクリックします。ファイルに名前を付け、適当な場所に保存します(Finaleで同じ操作をするには、〔ファイル〕メニューから〔エクスポート〕>〔MusicXML〕を選択します)。

ステップ2:保存したMusicXMLファイルFinaleで開く

Sibeliusを終了して、Finaleを起動します。〔ファイル〕メニューの〔インポート〕からMusicXMLを選択する。ステップ1で保存したファイルを選択して、〔開く〕をクリックします。

ステップ3:プレイパックサウンドを再割り当てする

Audio Unitsを使ってプレイバックする場合は、〔MIDI/Audio〕メニューの〔プレイバックにAudio Unitsを使用〕にチェックを付けます。MIDIでプレイバックする場合は、〔MIDI/Audio〕メニューの〔プレイバックにMIDIを使用〕にチェックを付けます。次に、〔MIDI/Audio〕メニューから〔プレイバックサウンドの再割り当て〕を選択します。

ステップ4:ファイルをFinale形式で保存する

必要に応じて、ファイルに他の変更を加えます。変更が完了したら、〔ファイル〕メニューの〔別名で保存〕を選択します。Finaleの標準楽譜ファイル形式であるMUSXmusxFinale 2014で導入された、Finaleの標準の楽譜ファイル拡張子です。FinaleのMac版、Windows版のどちらでも開くことができます。が自動で選択されます。ファイルに名前を付け、保存場所を指定して〔保存〕をクリックします。

ヒント: インポートしたSibeliusファイルから、SmartMusic伴奏ファイルを作成することもできます。

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks