現在地: チュートリアル > 最善の方法:Finaleを最大限に活用するには > 楽譜書式とテンプレート

ファイル設定の再利用

Finaleをバージョンアップする場合、楽譜書式、楽譜編成、テンプレート、ライブラリは新バージョンにコピーされません。該当ファイルを新バージョンに移行する方法については、「各種設定とサポートファイルを新バージョンに移行するには」をご参照ください。

共通のファイル設定を頻繁に使用する場合は、いくつかの方法で作業時間を短縮することができます。

  • 楽譜書式 セットアップ・ウィザードを使って任意の種類の楽譜を作成できますが、多くの様々な設定が保存されている楽譜書式を利用すれば、セットアップ・ウィザードでの設定が一段とスピーディになります。詳しくは楽譜書式をご参照ください。
  • 独自の楽器編成 頻繁に使用する楽器編成があれば、セットアップ・ウィザードの楽器編成を使って再利用できます。Finaleには、定義済みの楽器編成がいくつか用意されています。楽器編成をご参照ください。
  • テンプレート セットアップ・ウィザードでは簡単に作成できない場合、テンプレートを使用すると便利です。例えば、五線名のソプラノ/アルトとテノール/バスを組み合わせた2本の五線からなる合唱曲などでは、特別な表記法が使われることがあります。テンプレートは、ファイル設定、作成済みの要素(テキストブロックなど)、具体的な楽器編成などが含まれています。Finaleには、定義済みの多くのテンプレートがジャンル別に用意されています。Finaleテンプレートファイルをご参照ください。
  • ライブラリ ある特定のファイル別オプションとファイル設定を他のファイルと共有したい場合は、ライブラリをお使いください。作成したファイルのうち具体的な項目を指定して、単独のライブラリファイルに保存し、別のファイルにインポートすることができます。Finaleには、様々な用途やフォントに適したライブラリが多数用意されています。Finaleライブラリをご参照ください。

また、編集可能なデフォルトファイルもあります。デフォルトファイルを使用するには、〔ファイル〕メニューの〔新規作成〕から〔デフォルトの新規ファイル〕を選択するか、MusicXMLファイルをインポートします。

前へ 次へ

Finaleユーザーマニュアル Home
Finale for Mac

7007 Winchester Circle, Suite 140

Boulder, CO 80301

Copyright and trademarks